netgeek

0

もしあの商品のパッケージがディストピアだったら…

netgeek 2020年3月11日
 

インドのアーティストであり、Animal advertising agencyの創設者でもあるKunel Gaurさんは有名なグローバルブランドを改変することを思いついた。

コンセプトはディストピア(暗黒郷)。

ディストピアはユートピア(理想郷)の反対の意味を持ち、豊かさが枯渇したような雰囲気が特徴。パッケージが変わるだけでこんなにもイメージが変わる。美味しそうなものも美味しくなさそうに見えるから不思議だ。

1.ケンタッキーフライドチキン。パッケージがすごくシンプルだけど、美味しくはなさそう。

2.ペプシ。健康飲料かコーヒーといったような雰囲気。

3.プリングルズ。髭のおじさんもシンプルになっている。

4.逆さボトルで有名なケチャップのハインツ。墨汁が出てきそう。

5.ミロ。

6.クリスピー・クリーム・ドーナツ。ワクワク感がない…。

7.オレンジジュースのトロピカーナ。やはりオレンジ色をしていてほしいものだ。

8.ルイ・ヴィトンのバッグ。

9.ハイネケン。

10.コカ・コーラ。色を塗る前みたい。

11.違和感が半端ないキットカット。キットカットと言えば誰もが赤色を思い浮かべるはず。

12.バーガーキング。

13.レゴ。これまたワクワク感のない業務用な雰囲気。

14.アイスクリームのハーゲンダッツ。

15.最後はドミノ・ピザ。やはりパッケージデザインは大事だ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!