netgeek

0

【オーストラリア森林火災】2200kgの食料を空からプレゼントする作戦

netgeek 2020年1月14日
 

オーストラリアを襲った大規模な森林火災に対し、人々は復活策を考えている。まずはなんとか生き延びた動物たちに食料を提供しないと…。でもどうやって?

かつて森だった場所は焼け野原で食べ物がない。

カンガルーたちはどうしたらいいか分からず戸惑っているように見える。家も食料もなくなって絶望の真っ只中にある中、人間たちができることはなんだろうか。

しばらく思案した後、New South Wales National ParksとWildlife Serviceの主導により作戦が実行されることになった。目的は有袋類に食べ物を届けることで、最も要領よく配布したい。

最終的に2,200kgの野菜を空から落とすことにした。森に向けて食べ物を落とすとは、なんともイノベーティブなやり方ではないか。

New South Wales Environment Ministerのマット・キーン氏によると現地では特にワラビーが苦境に陥っているのだという。

飛行機に食料を詰め込む。

ヘリも協力。大量のにんじんだ。

座席にセット。

地元民のスティーブさんはこう語る。

「カンガルーの島で育ったのに今では大部分が灰になってしまいました」

しかし一部では生態の復活について楽観的な見方もある。地道に活動すれば野生動物たちは強い生命力を発揮するだろう。

目的地を定めてにんじんを落とす。頭にぶつかっても大丈夫だろうか?

出典:https://twitter.com/Matt_KeanMP/status/1215900857436270592

地上ではにんじんを食べる動物たちの姿が撮影された。

よかった。作戦はうまくいったようだ。

自然災害の前で人間の力はあまりにも無力。だが、それでもできることはある。食料を空からばらまく作戦はこうして無事成功したのであった。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!