netgeek

1

NASAが開発中の音速旅客機があまりにも長ネギすぎると話題に!

lemon 2014年6月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

NASAといえばアメリカ国内において宇宙開発に関する計画を担当する連邦機関である。宇宙に携わる仕事ができるということでアメリカ国内のみならず世界各国から憧れられる夢のような職場である。そんなNASAが現在開発中の音速旅客機が「あまりにもネギに似すぎている」とTwitterで話題になっている。

その音速旅客機の画像がこちら。


a
こ、これはネギだ!スーパーのネギ売り場に売られていたとしても違和感なく受け入れられそうな長ネギカラーのこちらの機体。形状もあいまってさらにネギっぽさが増幅されている。きっとNASAの開発者にとっては非常におしゃれなデザインということでこちらのカラーリングが採用されたのだろう。しかし、日本人にとっては日々見慣れている野菜と同じ色をした機体。見るとつい反応してしまうのも無理はないだろう。

また、この画像を見たある人が「この機体を長ネギと比較したらどうなるんだろう?」と考えて実際に合成してしまった画像がこちら。


Bq3zq14CYAAS0Yi
この画像を見てもらえればますます長ネギにしか見えなくなってくるだろう。この比較画像にTwitterでは「区別がつかない」「完全にネギ」といった声が挙がっている。

Twitterの反応

2003年に「コンコルド」の営業が終了して以来、超音速旅客機の新たな商業飛行は一切行われていない今、NASAによる新型開発に世界から非常に大きな期待が寄せられている。長ネギカラーではあるが、おそらく最高の科学技術を使って作られることになるであろうこちらの超音速旅客機に乗ることが出来る日を楽しみに待ちたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!