netgeek

0

1ヶ月ぶりに猫と再開したトラックドライバーは涙を流した

netgeek 2020年1月12日
 

愛する猫がある日突然家からいなくなってしまった。もう1ヶ月も経つのに一向に帰ってこず、安否すら心配される。

猫はシェルターで保護されていた。

シェルターに猫が来てから1週間半経った頃、駐車場にマシューのトラックが停まった。猫はアッシーズという名前でずっとマシューとともに生活していたのであった。

再開した瞬間、アッシーズはすぐに飼い主だと理解したようで、一直線に向かって頭を擦り付けた。

車にはねられていないか、何を食べて生きているのかと心配していたが、アッシーズは普段どおり元気そうで安心した。シェルターがしっかりと世話をしてくれていたようだ。

シェルターのスタッフ「アッシーズは彼を知っており、優しく接していました」

マシューは涙を流して抱きしめ、紳士的に頭を撫でる。

マシュー「クリスマスの奇跡です」

マシュー「アッシーズを保護したのは女性でした。マイクロチップがなければ二度と再開できなかったでしょう」

猫を保護してシェルターまで届けてくれたのはキンバリーさんとその友人。家に帰る途中で困っている猫がいることに気がついた。そしてシェルターでマイクロチップの情報を確認し、飼い主に連絡したというわけだ。

キンバリーさんと友人はアッシーズが飼い主と再開するところまでしっかりと見届けた。感動の再開だったことは言うまでもない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!