netgeek

1

エドはるみがYoutuberデビューするも9日目でチャンネル登録者数335人

netgeek 2020年1月8日
 

吉本興業に所属するお笑いタレントのエド・はるみさんがYoutuberとしての活動を新たに始めたことが分かった。

現在のチャンネル登録者数335人。

日頃からインターネット上で情報収集する人もこの度のエド・はるみさんのYoutuberデビューを知らなかった人は多いのではないか。モデル・女優の本田翼さんとは対象的に不思議なくらい話題にならず、ひっそりとした幕開けとなった。

チャンネル名は「エド・はるみの未来人間学」という独特な名前。2019年12月10日にアカウントを取得し、31日に記念すべき1本目の動画を公開したようだ。それから1日1〜2本というハイペースで動画をアップし続けるも、チャンネル登録者数は現在の1月8日時点で335人。

テレビであれだけ有名になったのにこれはかなり厳しい数字ではないか。問題はどこにあるのか?

動画をいくつか見るとエド・はるみさんは自身が興味のあるビジネス系の話題を取り上げる路線を狙っているように見える。

一応ニーズはある分野なのであとはコンテンツ次第といったところ。芸能人のYoutuberデビューといえば、オリエンタルラジオの中田敦彦氏(チャンネル登録者数100万人超)やキングコングのカジサックこと梶原雄太氏(チャンネル登録者数160万人)がすでに成功例として有名だ。

単にネームバリューがあるというだけでなく、コンテンツ作りが重要であることは言うまでもない。エド・はるみさんとしてはこのまま同じスタイルを貫くか、方針転換するかは悩むところだろう。もしかしたらお笑い路線のほうがうまくいくかもしれない。

なお、エド・はるみさんはTwitterアカウント(@edoharumiedo)もあるが、最後のツイートは2016年でフォロワーは3727人とかなり少ない。せめてYouTubeに動画を投稿したことはツイートすべきではないか。

これから徐々に改善されていくと思われるが、果たしてチャンネル登録者数がどこまで伸びるかは気になるところ。素人の遊び場だったYouTubeにどんどんとプロが参入し始めている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!