netgeek

0

朝起きたら知らない子犬が…。寒さに耐えきれずに入ってきたみたい

netgeek 2019年12月21日
 

朝起きたら見たことのない子犬が家の中にいた。一人の外国人男性と子犬の出会いを紹介したい。

一体どこの誰の子!?

出典:https://twitter.com/JJFromTheBronx/status/1205773530480173056

12月14日、「朝起きたらこの子犬がいた。どうしたらいいか分からない」

いつものように目覚めるとふと目があった子犬。なぜ家の中にいるのか、いつの間に侵入したのか、疑問は尽きないが少なくとも誰かが仕掛けたドッキリではなさそう。Jack Jokinen氏は困惑した様子でTwitterに写真をアップした。

首輪はしていないのでおそらく野良犬だろう。外に出すととても寒そうで可哀想な気もしてきた。

また、かなり痩せているのも特徴。食べるものに困っているのか。

動物病院に来た。ワクチンやノミ退治の薬を処方してもらう。

家に帰ってきてからも子犬はまだ警戒しているようで玄関の付近にいる。家の奥にまで行くのは怖いみたい。

Jack Jokinen「今の状況はこんな感じ」

犬にはスージーと名付けた。表情を見るにまだ不安な気持ちは残るものの少し落ち着いた気がする。

世話をしてくれるJack Jokinen氏に懐き始めた。表情が違う。

実はこの家にはもう一匹犬がいる。ジョージはお兄さんとして振る舞う。

隣の家の監視カメラを見せてもらうとそこには辺りをウロウロする子犬の姿が映っていた。そして玄関のドアはどうやら不注意で大きく開けっ放しになっていたようだ。

てくてくと歩いて侵入。寒さがしのげる場所を探していたと思われる。

Twitterの投稿は拡散され、ついにはメディアの取材も来た。

テレビに映っている。

新聞にも取り上げられた。

もしかするとスージーはこの家を選んだのかも。そうだとすれば見る目はばっちりだった。

クリスマスツリーもある。

外は寒いのに暖かい家でリラックスできるって素晴らしい。

ガリガリで住む家もなかった子犬はこうして幸せを手に入れたのであった。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!