netgeek

0

視力が悪い人にしかわからない17の事実

lemon 2014年6月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

パソコンやスマホの普及による視力悪化の問題が大きく取り上げられるようになって久しい。しかし、なかなか視力を改善するための劇的な方策も見つからず、仕方なくめがねやコンタクトを使用することで何とか視力を矯正しつつ生活している人がほとんどであろう。ただ、やはり視力が悪い人は良い人に比べると生活しづらいこともあるのではないだろうか。今回はそんな視力が悪い人ならではのあるあるネタを17個紹介しよう。

1.この気球を何回も見たことがある。
1

2.なぜか視力悪いアピールをしてしまうことがある。
2

3.視力が悪い人にしか見えない絵がくっきり見えてしまう。ちなみにこれはドラえもん。
3

4.裸眼だとこんな感じ。世界は危険がいっぱい。
4

5.黒板の文字が見えないので推測でノートをとる
5

6.広い講義室になると仕方なく前のほうに座る
6

7.友達に顔の前で「この指何本に見える?」と聞かれるがさすがにそれぐらいはわかる。
7

8.視力が悪い人同士で歩いていると、どこまでなら綺麗に見えるか大会が始まる。
8

9.とりあえずブルーベリーを食べる。そしてすぐに飽きる。
9

10.目がよくなると信じて浮き上がる絵を何回か試す。そしてすぐに飽きる。
10

11.朝起きてめがねが近くになかったときの絶望感は異常。
11

12.友達だと思って話しかけに行った人が他人で恥ずかしい思いをしたことがある。
12

13.逆に知り合いとすれ違っても気付かなくてかなり怒られたことがある。
13

14.ぶっちゃけ伊達めがねがかなり羨ましい。
14

15.めがねやコンタクトがなかった時代はどうやって生活していたんだろうと思いを馳せることがある。
15

16.マスクをしていると確実にめがねが曇る。
16

17.コンタクトやめがねをかけたとき、あまりの世界の美しさに感動してしまう。
17

以上、17個挙げてみたがいかがだっただろうか。視力が悪い人にとってみれば共感できるものばかりではないだろうか。
できれば裸眼で生活したいものだが、なかなか良い治療法も見つからないようだ。かく言う筆者も非常に視力が悪い。今のままの視力を保ちつつ、将来に期待したいところである。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!