netgeek

0

うずらの卵を孵化器で温めてみた

netgeek 2019年12月5日
 

うずらの卵は素人でも孵化させることができるのか?スーパーで購入した卵を孵化器にセットしてみる実験が面白い。

失敗もあったが最終的には成功。

興味深い実験を行ったのは生き物をテーマに動画作りをしているYouTubeチャンネルの「ちゃんねる鰐」。用意したのはスーパーで買ったうずらの卵20個とAmazonで購入できる孵化器だ。

孵化器の使い方は意外と簡単で38度に設定し、左上の穴から水を入れて湿度を50〜70に設定するだけ。転卵(胚が卵殻に癒着するのを防ぐ)は自動でやってくれるのでとても楽。噂によるとうずらの卵は17日で孵化するらしい。

21日後(5:21〜):まさかの全滅。無精卵だったと考えて作戦変更

再実験(6:30〜):有精卵を購入。なんとAmazonで購入できた

17日後(7:29〜):なんと一羽誕生。ぴったり17日だった

ぴよぴよと元気に鳴く様子が可愛い。卵を見ると一つ割れているのでここから出てきたのか。

とても小さいが、立派に歩くことができる。

調べたところもう一つヒビが入っている卵があった。きっと中からつついているのだろう。

雛は衣装ケースを改造した飼育ケースに移動。餌や水、ヒーターも完備してばっちり。

さらに4日後。うずらの卵が続々と孵化した。

ということで実験は大成功。親鳥が地道に体温で温めるのに対し、孵化器はとても効率よく孵化させることができる。テクノロジーの力は凄いものだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!