netgeek

0

【台風19号】Twitterで命が助かる瞬間

netgeek 2019年10月13日
 

台風19号で洪水が起きた長野県。家の2階に逃げた人が取り残されているとTwitterで助けを求めた。

緊張感高まる。

10月12日の夜10時半、緊急警報が鳴る中で一人の女性が「子供が寝ない」と投稿した。このときはまだ事態を軽く考えていたのだろう。

ところが13日の朝6時になってからとんでもない事態になってしまう。なんと家の1階部分が完全に浸水し、取り残された状態になっているではないか。

※黒塗り部分は住所

このまま水量が増え続ければ屋根に上がるしかない。さらに部屋には高齢者もいるのだという。この状況でうまく逃げ切れるものだろうか?水に濡れれば体力も低下も著しいものになりそうだ。

と、そのとき長野県の防災アカウントが非常に頼もしいリプライを送る。

これは非常に心強い。

飲み水や食料が不足する中で朝11時になってもまだ助けは来ない。

13時、自衛隊のヘリコプターで救出されたと喜びの報告がなされた。

もしもTwitterがなければ取り残されていることさえ気づいてもらえなかったかもしれない。インターネットとスマホ、そしてTwitterの3つが命を救った。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!