netgeek

2

小西洋之議員、韓国の味方として韓国デビュー

netgeek 2019年9月10日
 

小西洋之(ひろゆき)議員の発言が韓国メディアに取り上げられている。正確には発言の意図が正しく伝わっていないようなのだが…。

「韓国に責任はない」という見解が物議を醸す。

発端は小西洋之議員の発言を取り上げた中央日報の記事。日本の韓国に対する輸出規制について、あくまで日本側に非があり、韓国に責任はないと独自の主張を展開している。

この発言を目ざとく取り上げたのは韓国のメディアKBS。日本の政治家が韓国を擁護したと大々的に特集された。

YouTubeにアップされた動画では1:43から「Twitterに書いてある文章の通りです。Twitterにそのように書いたならその通りです」という音声が流れる。

しかしながら小西洋之議員によるとそもそも中央日報の記事に誤りがあり、誤解されて伝わっているのだという。

事態に気づいた小西洋之議員は記事の訂正を求めて動き始める。

※冒頭で紹介した記事がすでに修正後のものなのか、修正前のものなのかは不明

…ということでKBSの報道はおそらく事実誤認に基づいているのだろうが、それでも今から完璧な訂正を求めるのは難しく、小西洋之議員は現在すっかり韓国の味方として認識されているものと思われる。

どのような意図であろうと「韓国に責任はない」という発言は切り取られて偏向報道の材料にされるのだから不用意に韓国を擁護する発言はしないほうがいいのではないだろうか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (2)

  1. すばらしい!やっと亡命する気になったんですね!w
    亡命先が韓国とはお似合いです!!!

     
  2. こいつの存在は本当に国益を霧散させてしまい余計な負債を抱え込ませてくれる

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!