netgeek

4

【悲報】寄付を求めるWikipediaが長文ポエマーに

netgeek 2019年9月5日
 

広告を掲載しない方針を貫いているWikipediaがド派手に寄付金を募集している。これまでとは違い、かなりの長文だ。

長い。

現在、Wikipediaにアクセスすると目的の場所に辿り着くまでにかなり長い寄付金募集メッセージを読ませられることになる。

これまではヘッダー部分にて端的なメッセージで寄付を呼びかけていたWikipedia。今回のような長文は初めての試みではないだろうか。文章を読むと、非営利団体として中立性を確保するために寄付での運営を続けたいという意思が確かに伝わってくる。

しかし、もうここまでするのなら広告を入れてもいいのではないだろうか?どうもビジネスモデルに無理がある気がしてならない。広告を入れることが必ずしもサイトの中立性を損なうことに直結するというわけではないだろう。

▼PC版。スマホ版よりはまし。

Wikipediaのやり方についてはネット上でも賛否両論が飛び交っている。寄付を募るとしてもユーザーの利便性を損なうほど長文を掲載するのはやりすぎであり、むしろ逆効果という側面もあるのではないか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (4)

  1. 昔ちょっとだけ募金した事がある程度の人 2019年9月5日 at 3:10 PM

    開いた口が塞がらない。
    一般市民から募金集めたかったら、上級国民池袋ひき逃げ事件のページを作ってからでしょ。

    ウィキペディアは今回の件で上級国民に配慮して醜聞を書かない非中立的な団体だという事が露わになったのだから、”中立性を維持するための募金”というのが欺瞞であるのがわかるよね。

     
  2. 一般ユーザーが記事書けるんだから、何言ってるのかちょっとよくわからないんだけど

     
  3. 募金求めるなら編集に規制かけんなよ!
    編集規制してる上級国民や愛媛○警からでも募金してもらえ(笑)

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!