netgeek

0

シェルターから救ってもらったビーグル、しっかり感謝している

netgeek 2019年7月28日
 

ビーグルのグレゴリーは2018年4月にフランクリンのシェルターに入れられた。心臓に健康上の問題があり、シェルターとしてはやむを得ない決断を迫られていた。

しかし、そこに救世主が。なんと一人の男性がグレゴリーを引き受けたのだ。

写真を撮ろうとするとグレゴリーは愛想よく振る舞い、感謝しているということを伝えようとしているように見える。里親になったのはジョー・カートさんでこのときグレゴリーは2歳だった。

ジョー・カートさんはオハイオ州にある非営利組織であるハウンドレスキューアンドサンクチュアリーの創設者で、妻とともに組織を運営している。主に子犬ではなく、引き受け手を見つけるのが難しい犬(病気で治療費がかかるなど)を担当し、犬にとって最悪の事態になることを阻止しようとしている。

「グレゴリーは忠実で感謝を知っている犬です。性格は明るくポジティブ。愛情を注げばより健康になり、素晴らしい未来が待っているでしょう」

現在は心臓の治療に取り組みながら楽しい日々を過ごしている。

ジョー・カートさんは常に自宅で25〜30匹の犬の世話をしている。

ただの犬好きではここまでできない。その根底にはしっかりした理念があるのだ。

親切な人に出会えたグレゴリーは幸せ者だ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!