netgeek

0

ビートたけし「宮迫とロンブー亮は猿回しの猿。だから謝るべきは吉本だ」

netgeek 2019年7月21日
 

闇営業でお金を受け取っていた宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の亮について、記者会見を見たビートたけしが独自の意見をテレビで披露した。

謝るべきは吉本。

以下、ビートたけしの主張まとめ

・芸能事務所というのは人飼い事務所だ

・俺ら芸人は猿回しの猿と同じ

・猿が人を噛んだときに「猿に謝れ」というのは駄目で、本当は飼い主が謝るべき

・芸人の涙の会見を見るとその後笑えなくなるからやめたほうがいい

・闇営業をしないと食っていけないような事務所の契約にも責任あり

・若手も出てきて事務所からいくら貰っているか言ったほうがいい

・家族がいても食えないというのは酷い。最低保証ぐらいするべき

・自分は「いくら貰ったかすぐに言って事務所も含めて謝罪しろ」とアドバイスした

・対応を誤って騒ぎが大きくなった

・週刊誌にも第二弾、三弾とやられてしまった

記者会見では宮迫と亮が「当初、本当のことを言おうとしたら吉本の社長から止められた」「全員連帯責任でクビにするからなと言われた」などという裏事情を暴露し、吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)の対応も問題があったとざわめきが広がった。

ネット上では「本来ならば吉本の社長が会見を開くべきなのに一切出てこないのはおかしい」という声が多数聞かれ、ビートたけしと同じ意見の人が一定数いることが分かる。

さらにnetgeekでアンケートをとったところ、すでに「許した」という立ち位置の人が多いことが分かった。

記者会見前は「許していない」が多数派だったのだが、宮迫と亮がこれまで知られていなかった事情をしっかり自分の言葉で説明したことで世論が変わりつつあるようだ。

すでに契約解除となった2人については今後フリーとして活動するのか、それとも新たな所属事務所を見つけるのかの2択。ダウンタウンの松本人志は「吉本興業の中に松本興行を作って所属させる」というアイデアも披露している。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!