netgeek

1

【闇営業】松本人志「ノーギャラは正直ない。何らかのお金は出てると思う」

netgeek 2019年6月9日
 

6月9日放送のワイドナショーでカラテカ入江慎也(42)による闇営業が取り上げられ、同じ吉本興業に所属する松本人志がコメントした。

ノーギャラという説明を疑う。

雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮ら豪華メンバーが出席していた忘年会ではエステ会社の従業員に混じって詐欺グループのメンバーも出席していたという。問題はこの点をカラテカ入江が把握していたかどうか。吉本興業を通さない闇営業であることは間違いないので解雇は覆されないだろうが、他のタレントを斡旋した罪は重い。

番組では未だ不透明なお金の流れについて「あれだけのメンバーがノーギャラで出ることはあるのか?」と松本人志に質問が飛んだ。

松本人志「正直言うと僕はないと思いますよ。何らかのお金は出ていると思う。宮迫で言うと、入江に頼まれてぱっと顔を出したんだろうなっていうのは推測できる。でも一切お金が出ずにあれだけのパーティーでサービスするというのは僕はないと思う」

同じ吉本興業に所属する身でありながら思っていることを正直に話した松本人志。さらに裏事情についても明かしてくれた。

松本人志「実は入江と電話で話した。お前が悪いから大人しくしとけって言った。ただ他のメンバーは吉本興業が決めることで松本興行はなんとも言えない」

ただ、あくまで付き合いで顔を出す可能性は残っているという。

松本人志「入江と飲んでて『友達のところ行くので顔だしてください』って言われたら行くやろうし、お金はもらわないやろうけど…これは非常に難しいところ」

現時点では宮迫とロンブー亮がノーギャラだったと説明しており、ザブングルとレイザーラモンHGについてはコメントがとれていない。

サンミュージック所属のカンニング竹山は次のように説明した。

「入江から電話かかってきて話した。本人は本当に知らなかった。それをどう言うべきなのかは悩むところ。闇営業は直の営業と言ったりする。サンミュージックは闇営業はほぼない」

松本人志はさらに言葉を続け、闇営業を暴露したフライデーについて「詐欺集団にモザイクかけて芸人は顔載せてたけど、逆でしょ?詐欺集団についても追及してくださいよ」と一言。これは本当にその通りだとネット上でも同意する意見が多くみられた。

フライデーに情報提供した人物は一人100万円を支払った(人によって金額は違う)などと具体的な証言をしている。芸人のコメントと事務所対応が固まった頃、おそらくフライデーは第二弾の報道を繰り出してくるだろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!