netgeek

3

駅名表示をなくした案内板、張り紙を追加されてデザインの敗北

netgeek 2019年5月18日
 

改装が行われた駅で案内表示が分かりにくくなっているという声があがり始めた。原因は駅名表示を止めてしまったことにあるようだ。

ホーム番号を大きく表示。

出典:https://twitter.com/whirlpool/status/1129237994592800769

まず真っ先に目に入るのは大きな数字の「1」。これが何を意味するか分からず、横の「G01」などという数字も理解が難しい。そして視線を奥に移してようやく渋谷方面の銀座線だと分かるのだ。

必要な情報は方面と停車する駅の名前なのに、改札の横の最も目立つ部分でなぜか機能性を捨て、かっこいいデザインを優先してしまった。

現地では混乱が生じているのか、白い張り紙で「渋谷方面 ※浅草方面は後方2番です」と説明が追加されている。これは近年よくあるデザインの敗北というものだろう。佐藤可士和氏がデザインしたセブンイレブンのコーヒーマシンも「温・冷」「大・小」などと後からシールが貼られる結果となった。

ネット上では改善案も提示された。数字ではなく「渋」と渋谷方面であることを伝えるほうが分かりやすい。

あとは各停車駅も明記してほしいものだ。ただし「漢字が認識できない外国人観光客には数字のほうが分かりやすい」という声も…。もしかするとユニバーサルデザインを意識して数字のみにしたのかもしれない。

それにしても日本の駅はどうしてこうも複雑なのか。

もっと分かりやすいデザインにしてほしいものだ。

▼情報量が多すぎて読み解くのが大変。

▼情報がバラバラで視線が物凄くばらつく。

▼上野駅。これも改善の余地があるかもしれない。

海外の駅デザインはもっとシンプルで必要な情報が一箇所に集まっており、情報量も少ないことが多い。日本のデザイナーは海外の成功事例から学べばもっと良いデザインが生み出せるだろう。

あわせて読みたい→ハングル表記いる?電車の行き先が瞬時に分からなくて困る

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 馬鹿がデザイン語るとこうなる。
    駅番号は十数年前から海外から取り入れたもので、日本語が読めない方にわかる様にしたもの。
    色で路線が決まってるのと同じくらいのタイミングで設定された。

     
  2. こういうのはナビゲーション・デザインという分野で、その道のプロがやらないと訳わからなくなる。

     
  3. 亡くなった勝谷誠彦がたびたび言っていたが、
    この世はとことん「バカ基準」。

    この記事の冒頭の案内表示の場合、
    実際にはこのような機能的でわかりやすいデザインに変更しても、
    バカには理解できないので駅員手作りの張り紙説明が必要になるという顛末。
    これぞバカ基準。
    この記事の冒頭デザインはむしろ支持するべきものだし、
    オリンピック Year に合わせてこれが統一採用されていく。

    次の
    >>情報量が多すぎて読み解くのが大変 という記事は、
    日本の都市圏、とりわけ首都圏の鉄道交通網の異様な複雑さに起因する仕方のないもので、
    だからこそ冒頭のような思い切ったデザインがこれからは使われるわけよ。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!