netgeek

3

「看板の赤文字は消える」ということを学ばない人類の過ち11例

netgeek 2019年4月27日
 

紫外線でインクが劣化してしまい、文字が消えやすいのは黄色(イエロー)、赤(マゼンタ)、青(シアン)、黒の順番。科学的に解明されているにもかかわらず、人類は何度も同じ過ちを繰り返してしまう。

赤文字が消えてしまった看板。

1.最も重要なところが分からない。

出典:https://twitter.com/tanakaahahaha/status/1058298130624524288

2.見えそうで見えない。勝手に持っていっていいのだろうか?しかし10%とは…?

3.なんとなく分かる。

4.全然分からない。

5.これはひどい罠。「女性用トイレは反対側です」と読めなくなっているので、つい男性が女性用トイレに入りそうになってしまう。

6.泥棒に感謝している?いや、うっすら見えるぞ。

7.肝心の何かが分からない。ゴミだろうか?

8.なんだろう!?気になる!

9.人類は学ばない。全部黒字にすればいいのに全く学ばないのだ。

10.理由が分からない…。

11.これで最後。赤文字が消えたせいでブチギレ寸前みたいになっている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. 赤字は文章にメリハリをつけ目立たせる効果があるから使ってもいいんだよ。
    問題は5,6年も経って消えたならあらためて赤字で書き足すという作業を怠っていること。
    公共の掲示なら役所なり担当者なりの怠慢という話だ。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!