netgeek

3

新元号「令和」、海外メディアは「order and harmony(秩序と調和)」と報道

netgeek 2019年4月3日
 

日本政府が公表した新元号について世界中のメディアが速報で報じた。この記事では日本の元号が海外でどのように伝えられたのかをまとめてみた。

全てのメディアが「令和」の意味を紹介していた。

以下、各メディアの報じ方まとめ。注目すべき箇所は赤字にした。

BBC→order(秩序)and harmony(調和)

New York Times→command or order(命令か秩序) peace or harmony(平和か調和)

Wall Street Journal→auspicious(縁起が良い)and peace(平和)

Bloomberg→order(秩序)and peace(平和)or harmony(調和)

Guardian→decree(政令)and peace(平和)

※Guardianは後にfortunate harmony(幸運の調和)に修正したと思われる

いずれも「和」の翻訳は簡単だったようだが、「令」の意味をどうとるかで苦労したと思われる。この漢字の本来の意味は「清々しい」というものだが、一部の日本人は「命令」と解釈していた。同じようにNew York TimesとGuardianも全体で「平和を命ずる」という意味である可能性を示唆した。

だが、大半のメディアは「令」を「秩序」と良い意味で紹介してくれたわけで、誤解が広まらなくて安心。この紹介なら外国人も良い元号だと感じてくれるだろう。

▼安倍総理による解説。「令月」からとったとのこと。

令和の正しい意味はすでに広まりつつあるが、一部の人は今もなお「日本政府、あるいは安倍総理が命令するという意味だ」と曲解して文句を言っている。条件反射で政府にケチをつける前に少しは調べる努力をしてほしいものだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. これがわが国の人たちがバカ正直に付きあってきた、
    マスゴミの言う真実の追求カッコわら、のようです。

     
  2. >一部の日本人は「命令」と解釈していた
    日本人の誤解は「していた」と過去形になっている

    >一部の人は今もなお
    今もなお…にかかるのは「人」になっている

    つまりまだ喚いてるのは日本人ではなく、○○ってこと。
    さすが、ちゃんと表現を使い分けてるねww

     
  3. 令という字は、単語の上に付くと「良い」とか「素晴らしい」の意味になり、
    単語の下に付くと「命令」的な意味になるようです。
    これは令という言葉が元々「神」を表す語だからのようです。
    確かに神は天上にあって「素晴らしい」し、下々に「命令」しますからねえ。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!