netgeek

1

新元号、幻の5候補も公開される

netgeek 2019年4月2日
 

令和と公表された新元号について、NHKが他の5候補も判明したと報じた。いずれも安倍総理の「安」の字は入っていない。

これが最後まで残った6候補だ!

英弘(えいこう)

久化(きゅうか)

広至(こうし)

万和(ばんな)

万保(ばんぽう)

新元号はまず専門家に委託され、読みやすい、書きやすいなどという観点から候補が絞られていった。

M(明治)、T(大正)、S(昭和)、H(平成)とイニシャルがかぶらないことも重要なはずだ。

候補はいずれも古典に由来している。

しかし3候補は中国の古典に由来しているものだった。これはあまり良くないように思える。

令和を考案した人物は非公開とされているが、関係者からは万葉集の研究家である中西進氏が考案者だという証言が得られている。

中西進氏は京都市立芸術大学、大阪女子大学など複数の大学でも教鞭をとっており、万葉集研究の第一人者だ。

改めて6候補を眺めてみるとやはり令和が書きやすさや言葉の響き、意味合い全てにおいて最適であるように思える。ネット上の評判はかなり高く、非常に良い元号が選ばれたと盛り上がっている真っ最中だ。

あわせて読みたい→令和は命令という意味ではない。金田一秀穂教授による解説

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!