netgeek

2

「米は野菜だからヘルシー」 松屋のロシア進出でパワーワードが飛び出る

netgeek 2019年3月29日
 

本物の日本食を海外に届けるべく松屋がロシアに進出しようとしている。牛丼の試食会でロシア人にどう受け止められたのか紹介したい。

牛丼はヘルシーな日本食?

松屋は4月にモスクワ1号店を開店する予定。ロシアでは日本食が定着しておらず、本物を提供する店はほとんどない。

そこで立ち上がったのが松屋。この日、試食会を開いて反応を見てみることにした。

まず一人目の男性。高い評価だ。

女性も褒めてくれた。しかし牛丼が「繊細な味」というのは日本人にはない感覚だ。

「初めての味」やはりロシアでは牛丼というものがないらしい。

そもそも米を食べる習慣がないロシアでは白米が珍しいもの。野菜として理解されていてとても意外だった。

ロシアの松屋では牛丼のみならずカツ丼やラーメンも提供する予定。

オペレーションは少し大変かもしれない。各メニューの値段は大体520円ほどで高め。吉野家、すき家、なか卯などとの競争がないのでこの価格設定でも問題はないだろう。

▼松屋フーズホールディングス、過去10年の株価推移。

果たして本物の日本食はロシアに定着するのか?注目が集まっている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 「米は野菜」というのはヨーロッパでもそう受け取られている傾向がある。握り寿司がシーフードサラダの互換となっている。ツマが豊富なお造りならば分からないでもないのだが。
    それはともかく、
    祝!ロシア進出、松屋さま。成功をお祈りします。生玉子には御用心。

     
  2. コメがokならマメでもイモでも同じこと。欧米人はいつもコメだけ特別扱いする

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!