netgeek

7

江田憲司「民主党の過去の悪事はどうでもいいと国民は思っている」安倍総理「それはない(笑)」

netgeek 2019年3月18日
 

江田憲司議員が国会でとんでもないことを口走った。日本国民の政治に対する認識について驚くまでに誤解しているとしっかり指摘しておきたい。

江田憲司「過去のことはどうでもいい」

話はまず安倍総理が「悪夢のような民主党政権」と言ったことに江田憲司議員が噛み付くところから始まる。このフレーズがよほど気に入らなかったらしく、めちゃくちゃな主張を始める。

江田憲司議員の主張まとめ

・あの時代の政権は悪かったとか、過去のことは国民にとってどうでもいいことなんですよ

・国民にとって必要なのはこれからのこと

・私は民主党政権には一切関わりはない

・別に民主党を弁護しているわけではない

「過去のことは国民にとってどうでもいい」という問題発言があったところでカメラが安倍総理を映す。手を大きく振り、そんなことはないと否定している。

その後、安倍総理は落ち着いた様子でしっかりと反論した。

安倍総理の主張まとめ

・「悪夢のような民主党政権」と過去に言及したのはたった10秒ほどだ

・その後20分は日本の未来について語っていた

・江田憲司議員の主張は事実無根でおかしい

どちらが正しいかは言わずもがな。江田憲司議員の問題発言についてはネット上で非難轟々の嵐になり、炎上騒動にまで発展しつつある。

旧民主党政権のメンバーはその後ネームロンダリングを繰り返し、組織を変えることで生き延びてきた。日本国民としては過去の悪夢を忘れることなく、同じ過ちを繰り返さないようにすることが大事だ。

江田憲司議員は一刻も早く発言の過ちを認め、撤回すべきだ。これでは日本国民を軽視している政治家と思われても仕方がない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 今現在、民主党という政党が無くなってしまったのはなぜなのか?
    国民が望んだからです。

    なぜ望んだのか?
    民主党政権の4年間があまりにも酷く許せないからです。
    今現在でもそうです。

    そしてネームロンダリングをして離散集合している旧民主党議員・それに組する議員に対して過去の清算を求めています。

     
  2. あっちの政党にくっついて、他の政党にくっついて、また他の政党にくっついて。
    コバンザメ政治家。

     
  3. 江田さん、最寄り駅で時々街頭演説していらっしゃる。だーれも立ち止まって聞く人はいない。まだいたの?的な感想しかない。

     
  4. つまり野党とパヨクは「民主党の過去の悪事はどうでもいい」と思ってるって自白したわけだ。
    ふざけんなクソボケが。
    絶対に忘れないし絶対に許さねえぞ。

     
  5. こいつらって勝手に「国民は」ってさも国民が味方のように語るよな(笑)

    支持率見ろって!

     
  6. 自民党は江田の発言を使ってテレビCMを作り、
    今年の衆参同日選挙の時に流せばいい。
    NHKの許可を取る必要は無い。NHKは野党寄りのテレビ局。許可は出さないだろう。後で罰金を払えば問題無い

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!