netgeek

2

【流出】共産党が工作活動を図る内部文書が公開されてしまう

netgeek 2019年3月10日
 

共産党がしんぶん赤旗の勢力拡大を目指すために使っていた内部文書が流出した。そこでは「工作」という表現が使われており、異常な団体であることが窺い知れる。

板橋区議会議員の松崎いたる氏が公開。

出典:https://twitter.com/itallmatuzaki/status/1102789638228336641

資料は2002年のもの。4月の異動期にあわせて、しんぶん赤旗の購読者を獲得するために「拡大工作」「継続工作」などと独特の指示が出されている。要するにメディアを普及させることもまた政党としての工作活動の一環ということなのだろう。

用語解説

H→赤旗日刊紙

N→赤旗日曜版

議会と自治体→共産党の地方議員・自治体職員向けの月刊機関誌

事務局→共産党東京都議団事務局

職場に共産党員がいて勧誘行為をしてくるのなら非常に迷惑。断るのも一苦労だろう。松崎いたる議員は「共産党は役所の異動リストを事前入手して勧誘に利用している」と指摘する。

さらに元刑事の坂東忠信氏は「こういう工作をやってるから警察はずっと昔からこの団体を監視しているのですよ」とコメントしたうえで、無理な勧誘を受けた場合は被害届を出すことを勧めた。

被害届は最寄り交番か署で。書面は事情聴取+30分前後で警察官が作成しますのでご安心を。ただ「組織内特定新聞購読強要パワハラ」となると、交番より担当部署につないでくれる署受付お姉さんの方が早いかも。110番案件優先&人員不足のため届出に即対応は難しいですがまずは被害届が必要です。

https://twitter.com/Japangard/status/1104182627056025600

下手すると宗教勧誘よりも悪質かもしれない。勢力の拡大と資金源の確保のためにギリギリの線を攻めてくる共産党。くれぐれも被害にあわないよう気をつけたいものだ。

【追記】

赤旗の勧誘を受けた人40.4%。圧力を感じた人が大半で社会問題化している。

出典:https://twitter.com/feather3318/status/1106484123596550144

あわせて読みたい→小池晃 VS 足立康史の戦いに終止符 公安調査庁「共産党は調査対象団体です」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 板橋だけじゃないですよ。
    役所では課長になると赤旗をとらされるのは有名な話。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!