netgeek

8

ちょっとはみ出ているから不正解で16点。こんな教育は間違っていると騒ぎに

netgeek 2019年2月24日
 

子供のテストを見た親が採点方法に違和感があると写真をアップした。ネット上では多くの人達が「先生のほうが間違っている」と指摘している。

まさかの16点。しかし漢字はしっかり書けている。

出典:https://twitter.com/makotch_n/status/1098909298271313921

どうやら先生は少しはみ出ている箇所があるからという理由でバツを連発したようだ。だが実生活ではこんな細かなところは誰も気にしないし、なにより子供のモチベーションが下がることが懸念される。

学校教育はこのような方針で本当に正しいのだろうか?ネット上では「本当は100点なのに16点にされた子供が可哀想」「先生が神経質すぎる」「はみ出ているのに丸にしているものもある」「先生もはみ出た字を書くことがあるはず」などという声が飛び交った。

実は文化庁は漢字の書き方について新しい見解を発表している。

これまでは、とめ、はね、はらいが重要だったが、端的に言えば「どうでもいい」という方針になった。

参考:全国の教師へ。とめ・はね・はらいでバツにするのはやめよう。文化庁が正式に発表

要するに漢字として読めたら問題ないということ。同じルールでいくならやはり冒頭のテストは100点でいいだろう。

子供は体が未発達な状態にあるからうまく文字が書けないだけで、「はみ出てはいけない」ということは理解しているはず。先生の採点ルールは無意味で教育上の生産性がないものだと思う。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (8)

  1. 小テストだし、習った通りに美しく書けているかの確認みたいなものだから、指摘するのは良いとしても、不正解にするのは違うね。

     
  2. 大学で講師をしておりますが、学生さんたちの悪筆ぶりはひどいものです。読めればいい、というレベルではなく、まったく読めない事例が頻発しています。
    この記事の教師がどのような指導をなされているのか分かりませんが、きちんとした文字の書き方を粘り強く教えていらっしゃるとしたら、あながち間違った教育とは思えません。

     
  3. 進学塾講師です。
    漢字の「トメ」「ハネ」「ハライ」「ツケ」などに注意して書くように訓練すると、脳の「空間認知脳」が鍛えられることが分かっています。空間認知脳は運動神経や、絵を描く能力、イメージを膨らませて読解する能力にも関係あると言われています(「脳に悪い7つの習慣 林成之 幻冬舎 参照)。
    したがって、私は漢字の「トメ」「ハネ」「ハライ」「ツケ」の重視に賛成です。
    文化庁の方針はこれと逆行するものであり、少なくとも、中学入試においてはトメ、ハネなどをみる学校が大半です。

     
  4. テストは生徒の理解力を確かめるのではなく先生方達の教育能力を確かめるもの。
    従って、この先生の教え方が悪い

     
  5. いやいや、学校が文化庁の方針に合わせろよ
    文化庁のトメハネハライの許容の方針は、伝統的な楷書の習慣に則ったもの
    学校の教師ごときが、書聖を否定すんのかよ(笑)

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!