netgeek

0

魚は鏡に映った姿を自分と認識できる。赤いマークを砂底でこする

netgeek 2019年2月8日
 

魚には自我があり、鏡に映った自分の姿を自分と認識できていることが分かった。人間が考えるよりもずっと賢いのかもしれない。

猿やイルカと同等の認識能力あり。

今回、偉大な発見をしたのは大阪市立大学大学院理学研究科の幸田正典教授。

グループで研究に取り組み、魚では初の自己認識能力の確認となった。

ホンソメワケベラの顎に赤茶色のマークをつけて使って実験。寄生虫がついているような見た目だ。

ホンソメワケベラは鏡を見て異物が付着していると気づく。

砂底にこすりつけて落とそうとする。教授の解説が大阪弁なのがチャーミング。

その後、鏡に戻り確認。人間と同じように鏡を使っている。

赤茶色のマークをつけない場合は砂底に体をこすりつける行動は確認されなかった。

非常に興味深い実験結果だ。魚の認知能力はこれまで考えられていた以上に高いことが裏付けられた。

なお、netgeekでは以前、猫が鏡の中の自分を認識している動画を投稿したことがある。

自分の耳を触って確認する猫の姿に驚かされる。犬や猫の中には鏡の中の姿に威嚇する者もいるが、理解する能力はあるということだ。

魚のみならず蜘蛛などの昆虫も個体によっては自己認識できる者がいるかもしれない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!