netgeek

3

北村晴男弁護士「論点を増やしてごねる韓国、嘘をついている人間の典型行動だ」

netgeek 2019年1月10日
 

果たして火器管制レーダー照射はあったのか、なかったのか。日本と韓国の間で主張が食い違う中、北村晴男弁護士が韓国の言行について冷静な分析を行った。

本当に潔白ならレーダー照射の否定のみすればいい。だが韓国は…。

北村晴男弁護士の主張まとめ。

・当初、韓国は事実上、レーダー照射を認めていた

・しかし事が大きくなりそうなので、証言を一転させた

・本来は「レーダー照射していない」という反論のみをすればいい

・だが、なぜか「日本が急接近してきた」などと言い始めた

・色々言い出して論点を増やすのは嘘を言う人間の典型的な行動

・第三者からみたらどう考えても韓国が嘘をついている

確かにその通り。何もやましいことがなければ「レーダー照射は行っていない」とだけ簡潔に主張すればいいのに、急に「日本が威嚇してきた」などと日本の落ち度を指摘し始めた。これは自分たちに非があるのを誤魔化すためだろう。

韓国は主張に一貫性がなく、その証言は全く信用することができない。

ごねる人間の心理メカニズムといえばナニワ金融道で非常にためになる解説が披露されていた。

ここで解説されている行動はまさに今の韓国がとっている動きそのもの。酷いのは韓国が個人レベルではなく政府レベルでごねているということ。

一方、毅然とした態度で着々と証拠を提示していく日本からは韓国とは正反対だという印象を受ける。世界の世論は圧倒的に日本を支持しているので、きっちり決着をつけるまで戦い抜きたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. ナニワ金融道、面白いぞ。作者はゴリゴリのマルクス主義者を自称してるが、強酸党も審査翼も彼を飼い慣らせなかった。反日でもない(帝国金融だし)。漫画としてヨシリンよりよっぽどいいわ。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!