netgeek

3

何があった!?東北名物「こたつホース」でこたつがグニャグニャに

腹BLACK 2019年1月6日
 

あなたは「こたつホース」というものを知っているだろうか?寒さが厳しい東北で使われているものらしいのだが、全国的な知名度はほとんどない。

便利なこたつホースの珍事件を紹介したい。

これが使い方。ストーブで部屋全体を暖めつつ、温風をこたつの中に送り込む。

出典:https://twitter.com/muripo_life/status/1080372309976739841

こたつの電源をオンにすれば温かくなるのに、なぜか東北ではこのやり方がメジャーなのだという。

応用編として猫に向けてあげるのもあり。

出典:https://twitter.com/maedaaoko/status/1081219083704487937

狙った箇所に温風を送れるので便利。

寝てしまった…。

猫(あったかい…)

こちらの猫も寝てしまった。

出典:https://twitter.com/deepsnow374/status/1081168003356446720

できるだけ密着しながら眠る猫。

出典:https://twitter.com/blackberry_kum/status/1081363907694874624

ときにはヒゲがくるくるになることもあるので温度設定に注意。

出典:https://twitter.com/haru_1o9/status/1081211734487007232

さてここからが本題。

いつものようにこたつホースを使っていた男性がとんでもないことが起きたと写真をアップした。見ると本当に信じられないような状態になっている。

出典:https://twitter.com/Ale_a_Barty/status/1078810947114786816

男性の話

・山形にはストーブの熱気をホースでこたつに送り込む独特の文化がある

・テーブルのフレームがプラスチックであり、しかも熱風が直にあたった

・寝ているときにテーブルが崩れたので飛び起きた

・変なにおいが充満していた

・毎年使っていたのにこんなことになったのは初めて

・こたつホースは本来、スタンドで距離をとって使うものなので注意

投稿された写真はネットユーザーの度肝を抜き、大量に拡散された。また同じように温めて形を整えれば元に戻せるのだろうか…。ひっくり返してやるとうまくいきそうな気もする。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!