netgeek

3

【炎上】鳩山由紀夫元首相、極秘文書を持ち帰ったり適当に捨てたりしていた

netgeek 2018年12月31日
 

鳩山由紀夫元首相が在任中の極秘資料を持ち帰ったうえに一部を適当に処分していたことが分かった。

毎日新聞の取材に対し、口を滑らせる。

話の流れはこうだ。鳩山由紀夫氏は自分が首相時代に辺野古移設を反対していたと主張し、証拠として当時の資料を記者に見せようとした。一部は残っていたものの鳩山由紀夫氏は「捨ててしまったものもあり、後悔している」と話す。

その後、毎日新聞が「普天間県外移設資料、鳩山元首相が裁断 散逸の恐れ、省庁でも保存せず」と記事にして炎上することとなった。

鳩山由紀夫氏によると資料は個人事務所と自宅に保管していたという。

米軍普天間飛行場の移設にかかわる資料を持ち帰ったことについて「2回の訪問が辛かった。そういう気持ちがあったからですよね」「無造作に積み重ねられていたものは捨てちゃったっていう…」などと語る。

▼首相辞任時に極秘資料を持ち帰っていたことが分かる。

▼記者に見せた極秘資料。そもそも見せていいものなのか?コピーしていいものなのか?と疑問が残る。

▼極秘資料をどんどん見せてしまう。こちらはおそらく原本。

鳩山由紀夫氏のこの行動について、ネット上では次のような意見が飛び交った。

・公文書管理法に違反している疑いがある

・極秘文書はコピーが許されず、番号を振った原本のみが保存される

・公文書を自宅に持ち帰っていいのだろうか

・時効が成立しており、罪に問えない

・限定の極秘文書を見せるのはまずいのでは…

▼秘密文書の取り扱いについての決まり

正確な事実関係が分からないため、今回の行動が法的にアウトなのかは分からない。ただ常識的に考えれば一般的な社会人でも会社の極秘資料を勝手に持ち帰ったり捨てたりすることは許されないと分かるだろう。

鳩山由紀夫氏が原本を捨ててしまって省庁に残っていないということならば大問題。軽率な行動に批判の声が殺到している。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. 悪罪感も無くて
    元首相だった人の行為とは
    にわかに信じられませんよ

    それにしても
    毎日新聞は、またやらかしてしまいましたねぇ

     
  2. こ、コイツ…。
    まじで、何がどうなったら『コレ』が首相になるんだよ…(==;

    同じ失敗を繰り返さないためにも、
    「日本の暗黒時代(!)」について、
    もうちょっと詳細な研究が必要だと思う。

    ヤバさ、キチさ、レアさ、で判定すれば、菅や野田の比じゃない。
    よく今日本が無事に残ってるもんだと、……笑えないけど思う。

     
  3. 日本人が初めて直接選んだ総理大臣がこの人だったことは、絶対に忘れてはならない歴史の教訓だろう。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!