netgeek

2

日本がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退。捕鯨を再開へ

netgeek 2018年12月27日
 

日本政府がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退すると宣言した。水面下では外務省と水産庁の間でずいぶんと揉めたようだが、とにかく捕鯨が再開されることになった。

なんと30年ぶりの再開。

菅官房長官は記者会見にて条約脱退を決めたと説明した。

重要なのは捕鯨の再開が2019年7月からということ。早期の再開だ。

しかしながら捕鯨については「時代遅れ」「クジラは知能が高い生き物なのに…」などと批判する声も多い。

今回の日本の決定について、一部の国は反発した。

オーストラリアはまだ粘って説得を試みてきそう。

捕鯨賛成派と反対派を国ごとに分けてみると拮抗していることが分かる。なかなか難しい問題だ。

反対派の意見は稚拙でただの感情論であるようにも思える。クジラ以外の生き物には口うるさく言わないのはなぜだろう。

netgeekではアンケートを実施中。

日本人は捕鯨賛成派が多く、今回のIWC脱退を好意的に受け止める人が目立つ。

あわせて読みたい→シーシェパードが撤退を発表「テロ等準備罪のせいで日本で活動できなくなりました」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. この30年以上の間に鯨を食べる機会が減りました。
    今のお若い方は食べた事もないのでは?

    商業捕鯨なので、商売として成り立たなかったり、後継者がいなくなれば廃れてしまうかもしれません。

    しかし、其を決めるのは私達日本人で、鯨油だけ採ってあとは棄ててしまった人達の『正義』に従う必要はないと思います。

    日本では、戴いた命として肉や油だけでなく、棄てる事無く皮も骨も使ったと聞いています。

    供養もしていたそうですね。

    彼らの物差しによる思い込みで、決めつけないで戴きたいですね。

    私個人としましては、お手頃価格なら食べてみたいと思います。

    何より、文楽の操作に鯨の髭が欠かせないと知ってから
    非常に心配しておりましたので、その事でも良かったと思っています。

     
  2. クジラを食べるなんてかわいそうっていうなら、牛も鳥も豚も食べないであげて
    可哀想だから

    私は生きていくために食べます
    美味しく食べます
    美味しいものは食べたいです

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!