netgeek

10

【炎上】韓国国防省「実はレーダー照射はしていなかった。カメラで撮影しただけ」

netgeek 2018年12月24日
 

韓国軍の艦艇が海上自衛隊のP-1哨戒機にレーダー照射を行い、攻撃開始前のロックオン状態にした問題について、韓国側の証言がまた変わった。

韓国国防省「カメラで撮影しただけでした(意味不明)」

韓国国防省の最新の言い分では「実はレーダー照射はされていなかった」ということになっている。

しかし、12月21日の段階では韓国国防省は「探索用にレーダーを使用していた」と説明していたのだ。

さらに海軍関係者は当時の状況について「天候が悪く波が高かったので火器管制レーダーを含め、全レーダーを作動させていた」と証言した。

証言が二転三転しており、矛盾している。これは明らかにその場しのぎの嘘をついている証拠だろう。中には「自衛隊が先に威嚇してきた」というとんでもない反論もあった。

参考:【レーダー照射】韓国「自衛隊が先に威嚇してきた(意味不明)」

対する日本の防衛省はレーダーが照射されたという証拠をもっており、さらにその周波数から火器管制レーダーであったことを突き止めている。

しかもレーダー照射は5分ほど続き、韓国側に「どのような意図なのか」と問い合わせまでしていた。このような経緯だったのに、突然レーダー照射をなかったことにするのは無理がある。

韓国がここまでひた隠しにするということはよほど後ろめたい裏事情があるに違いない。まずは「北朝鮮の船を探していた」という話から疑ってかかりたい。本当は見られるとまずい取引(核関連のもの)を北朝鮮としていて、自衛隊に見つかるのを懸念してレーダー照射で遠ざけようとしたのではないか。

これはあくまで仮説なのでハズレている可能性はある。ただ、奇妙なことが起きているときにこうして仮説を立てて裏を探っていくのは重要なことだ。真実に辿り着くためには仮説を立てて丁寧に検証していくしかない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (10)

  1. 国内のZを追い出そう 2018年12月24日 at 6:43 PM

    クソみたいな言い訳変遷

    そのような事実は無い

    レーダーを使用した事実は無い

    現場海域で通常の任務を行っていただけだ

    実は北の遭難船舶を捜索していた

    北の遭難船を探す目的でレーダーを使ったが、FCSは作動させていない

    天候が悪かったため全てのレーダーを使った

    一瞬だけFCSのビーム上に海自の航空機が偶然入った

    自衛隊機が威嚇してきたのでFCSレーダーを照射し続けた

    実はレーダー照射はしていなかった。カメラで撮影しただけ←new!!

    はははははははは
    ふざけんなwww

     
  2. 一言謝れば終わったのに、日本になんか謝れるかーってしてるからこんな問題になる。
    寂しい民族だわ

     
  3. 最近はこの国の行為に対して日本政府の対応に怒りを覚える
    サッサと強い制裁を実行しろ!
    こんなんだから世界から舐められるんだよ

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!