netgeek

1

76羽の子どもを引き連れるママ鴨、嵐で親を失った子鴨を引き受けたか

腹BLACK 2018年11月22日
 

意外な光景はやむを得ない事情から生まれたものだったのかもしれない。心温まる話をお届けしたい。

ブレント・チツェクは野生動物を専門とするカメラマンだ。

ミネソタ州に住み、妻とともに犬を飼っている。動物が好きだから動物のカメラマンになったというなんとも平和な人。そんな人だからこそ素晴らしい光景に巡り会えたのかもしれない。

それはいつものような平凡な日だった。夏の嵐の後に写真を撮ろうと出かけたところ、信じられないような光景を目にしたのだ。なんと1羽の母鴨に50羽以上の鴨がぞろぞろとついていってる。

ブレント・チツェクは慌てて写真を取り始め、子鴨が合計76羽いると数えた。かなり多い。体の大きさはみんな同じなので同時期に生まれたものと思われる。

ブレント・チツェク「運がいいことに偶然目撃することができました。しかし鴨の種類もわからないし、自分が目にしたものが果たして珍しい光景なのか、それともよくあることなのかは不明でした。ただ少なくとも私がこのような光景を見たのは初めてです」

後にこれは非常に珍しい事例だということが分かった。通常、雌の鴨は一度に約20の卵を生む。だから76羽の子どもたちというのはかなり稀だ。

おそらく嵐の後で母親とはぐれてしまった複数の群れの子鴨を受け入れたのだろう。ブレント・チツェクはカメラマンとしてこの親子を追うと決め、Instagram(brentcizekphoto)に写真をアップした。

ネット上では「非常に温かい気持ちになれる写真だ」と大きな反響を得て絶賛された。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!