netgeek

5

玉川徹「ネット上の批判は見なければ無かったことになる!」←はあああ???

腹BLACK 2018年11月11日
 

テレビ朝日でコメンテーター・解説委員を務める玉川徹がとんでもない時代錯誤な発言をし、ネット上がざわついている。

「見なければ無かったことになる(意味不明)」

問題の発言は「安田純平の家族もバッシングの対象になってしまう」という話の中で飛び出た。

まず石原良純は「騒動が起きたときにネットでバッシングされるけど、そこまで大した問題にはならないと思う」という趣旨の発言を行った。すると玉川徹は突然「ネットなんて見なきゃいいんですけどね」と言い始める。

石原良純「いやそれは無理ですよ。電車で10人いたら僕以外の10人みんな見てますよ」

※石原良純はスマホをもっていない

玉川徹「だから僕(石原良純)は見ないんでしょ?見なきゃいいんですよ」

羽鳥アナ「安田純平さんが見なくても、周りはネットを見る…」

玉川徹「見なきゃいいんですよ!」

ネット上の誹謗中傷を自分が見なくとも、周囲は見てしまうから風評被害が生まれ、根本的な問題解決にならないという話なのに、なぜか玉川徹は自分の視点だけで主張する。

さらに話を暴走させ、意味不明なことまで口走る。

玉川徹「安田さんはご自身に対するバッシングだけじゃなくて家族に対するバッシングに心を痛めている」

一体何が言いたいのだろうか?玉川徹の意見を集約すると「安田純平はネットを見ないようにすれば、自分と家族の批判はなかったことになる」ということか。しかしそんなことはあり得ないわけで、主張が意味不明としか言いようがない。

さらに玉川徹には矛盾もある。

これより前、玉川徹はTwitterで「カス野郎」と書かれたことを気にして「訴えられないのか?」と質問していた。

カス野郎と言われたなんて別に大したことではないのに、訴訟の可能性まで検討して完全にむきになっている玉川徹。実はネット上のバッシングを最も気にしているのは玉川徹なのだろう。

この発言の後、結局自分の中で「ネットは見ないで一方的に意見を言うテレビの世界だけで生きていく」と結論が出たのかもしれないが、それもまたおかしな話。現代はネット社会なわけで、むしろネットの意見を汲み取ったり、ときには批判に耳を傾けたりすることで自身の成長を図っていくべきだろう。

最近では玉川徹は安田純平を英雄扱いして世間から大変なひんしゅくを買った。netgeekでアンケートをとったところ、英雄だと答えた人はわずか2%で、98%が「英雄ではない」と答えた。

自分の考えが世間とずれているという事実もまたネットを見なければ無かったことになると思っているのだろうか?報道にかかわる身でありながら情報収集を怠る玉川徹はひどく自己中心的で偏屈な人だという印象を受けた。

あわせて読みたい→橋下徹が玉川徹を完全論破!「収穫ゼロの安田純平を英雄扱いするのおかしいじゃん」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 報道しなければ無かったことになる、というやり方はもう通用しなくなってますけどね

     
  2. 名無しさん@ほしゅそく 2018年11月11日 at 10:50 PM

    ネットギークの論調とは少々異なるが、僕は玉川徹を評価している。
    なぜなら左翼玉川は自分の間違った考えを堂々と正直に発言するからだ。

    「ネット上の批判なんか、見なければ無かったことになる」という発言は、国民世論無視の独裁的で傲慢なテレ朝の体質を露骨に表現した左翼玉川一流の表現であり、

    玉川へのネットのクソ野郎発言への訴えるぞ発言は、玉川というテレビ局関係者による国民へのスラップ訴訟宣言である。
    左翼玉川ほど傲慢な発言を正直にする左翼テレビ局関係者は居ない。

    左翼玉川の傲慢発言は永久に国民に記憶され、メディア批判の材料として国民に重宝されるだろう。
    そういう意味で左翼玉川は評価可能なのだ。

     
  3. 確かに法治国家に住む国民である以上は、罰則の大きさに関わらず法律を守る態度は必要でしょうね
    なので、侮辱罪に該当するような発言は慎むべきだとは思います

    ただ、法律や規制によって「表面的に品行方正な人間」を作り上げる事は本当に正しい事なのかどうかは議論の余地があると思います

    侮辱罪に該当するような発言をする人間と関わりあいたくないという人は、その発言によって判断できますね
    邪悪な心の持ち主なのかどうか、相手の発言によって付き合うかどうかを判断できるわけです

    法律や規制によってそのような発言を出来ないようにしたとすると、邪悪な心の人間を判断する事が困難になります
    そのような発言が出来ない分、行動による嫌がらせが増えそうな気がしますし、皮肉によるやり取りが一般化するような気もします

    それに、正義感が強すぎるが故に口汚い発言になってしまうような人物もいます
    例えば、犯罪者を憎む気持ちが強い人が犯罪者を口汚く罵りたくなる気持ちはわからなくはないです
    自分はなるべくしないように心がけてはいますが、気持ちは理解できます

    外的圧力によって発言を制限するのはストレスが溜まり、いつか爆発しそうな感じもします
    避ける相手だと認識する手段だと割り切り、自由に発言させれば良いと個人的には思います
    ただ、侮辱罪は侮辱罪です
    自分が言われたらどう思うだろう?という事を常に考えておく事は大切だと思います

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!