netgeek

2

スクープがない安田純平、あるのは捕まった体験記ばかり

腹BLACK 2018年11月7日
 

シリアで拘束された安田純平について、マスコミは「命がけで仕事をしたから」という論理で英雄扱いしがちだが、netgeekでは違う見方を提示したい。

スクープがなく、捕まった体験記ばかり。

あなたはこれまで安田純平が命がけで入手した情報を見聞きしたことがあるのだろうか?いくら検索で調べても特に目立った功績はなく、安田純平が果たして本当にジャーナリストなのかどうかすら疑問に思えてくる。

ここで一つの目安として安田純平がこれまで出版した3冊の本を分析してみたい。英雄扱いされるに値する戦場ジャーナリストなら、貴重な情報を記しているはずだ。

(1)2004年。「誰が私を「人質」にしたのか―イラク戦争の現場とメディアの虚構」

内容要約。

イラクで捕まった際にマスコミに「人質」として報道されたが、武装勢力が交換条件を提示しなかったのだから人質ではない。身代金の要求もなかったし、スパイじゃないかと疑われて拘束され、疑いが晴れたから釈放されただけだ。

…という内容。要するに人質体験記。

(2)2010年。「ルポ 戦場出稼ぎ労働者」

世界には貧しい人が危険地帯に送られ、派遣労働者として働いている人たちがいる。自分もイラク軍基地訓練施設で出稼ぎ労働者として仕事をしてみた。

イラク軍の訓練施設というのはそんなに危険なのだろうか?むしろ最も身の安全が確保されている場所なような気がする。戦場ジャーナリストとしてもっと悲惨な現地の様子を伝えてくれるのかと思ったが、そうではなさそう。一言で言うとウマルン滞在記。

(3)2016年。「囚われのイラク」

2004年の4月14日にイラクで武装勢力に拘束され、17日に釈放された。そのときの一部始終を綴った記録で、一冊目と同じく人質体験記。

驚いたことに戦場ジャーナリストとして本質を突くような書籍はゼロ。現在、安田純平を英雄扱いしている人はこの実態を知らないのではないか。ただ危険地帯に行くジャーナリストというイメージだけで判断しているように思える。

そして、おそらく今回の3年4ヶ月に渡る拘束生活も書籍化するのだろう。そうすると4冊中3冊が人質体験記ということになり、これはもはやジャーナリストではなくプロ人質。

ジャーナリスト安田純平としての仕事の成果はかなり脆い。

続き→【速報】安田純平がシリア拘束体験記を出版へ

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. ハフポスが、安田氏叩きとか自己責任とか他者を責めたてるのは金に余裕がなくと心にも余裕がなくなるから?的なことを書いていた。

    組織論で、まず腐るのは上部からだ、下部から腐って崩壊する組織はない、と聞いたことがある。
    これって国会運営にその縮図をみることができると考えている。
    無責任に野次をとばし、議案には対案もなく反対のみ、失言には辞任を迫り、官僚の汚職でも辞任を迫る
    これのどこに許容と寛容が存在するのか
    これをマスゴミはワイドショーで面白おかしく垂れ流し、自称政治評論家や芸人・コメンテーターなる人たちが批評する、なんなら番組の意向に沿ったベクトルをかけまくる。

    これを見て人が育ってるんだよ!
    意識操作もされてしまっている。

    で、金銭的な貧しさが心の貧しさまで作り出しているって

    バブルの時、金銭的には世界一豊かであるが心の面では非常に貧しいって言ってなかったか?
    金銭的な豊かさが無くなってすべて貧しい国になっちまったか

    国の中心たる国会で建設的な議論が交わされ、ワイドショーで素晴らしい人、素晴らしいこと、素晴らしい景色を中心に番組構成をするようになれば自然と変わっていくと考える。

    だって、ここまで国会中継とワイドショーで人の醜い面のみ垂れ流した結果が自然と日本国民の民度を下げていると考えれば、逆もあってしかるべきでしょ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!