netgeek

16

【炎上】プリンセス駅伝で地面を這ってたすきをつなぐ。美談にせず早く棄権させるべき

腹BLACK 2018年10月22日
 

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の予選会「プリンセス駅伝」で、岩谷産業の飯田怜選手(19)が地面を這ってたすきをつなぐシーンがあった。

おそらく右足を怪我して走れなくなったとみられる。

残り約200メートルという惜しいところで走れなくなった飯田怜。それでもたすきをもって地面をはいはいで進む。

※画像に痛々しい箇所があったのでnetgeek編集部で塗りつぶしている

表情を見るにかなり苦しそうであり、もはや見ていられない。なぜ棄権させないのだろうか?

テレビ中継も大注目してまるで美談のように取り上げる。

かなり時間をかけてなんとか次の選手までたどり着いた。

待っている選手はサングラスを外して何度も涙を拭う。

ようやくたすきが渡った。結局誰も止めなかったのだ。

飯田怜の体はボロボロになっていた。ここまでして競争する意味はあるのだろうか?

この他にも、明らかに様子がおかしい三井住友海上の岡本春美選手(20)が逆走した挙げ句、コーンを回らずにUターンしてまた戻って走り直すシーンが複数回見られた。

解説者も「フラフラしている」「完全に脱水症状だと思います」「気温が高いから…」などと心配する。

もはや体力の問題などではなく、意識が朦朧として正常な判断ができない状態にあるようだった。

結局、岡本春美は残り1kmで棄権した。

だが、ここまでの事態になる前にコーチや監督が早く棄権させるべきではないだろうか。選手は限界まで頑張り続けるだろうが、後遺症が残ったりしたら大変。こんな駅伝ならないほうがましだと思う。

【追記】

飯田怜選手は右足のすねを剥離骨折していたことが分かった。また、ライブ中継を観ていた広瀬監督が、這いつくばった姿を見た時点で棄権を申し出ていたことも分かった。だが大会主催者に伝わるまでに時間がかかり、途中でとめることはできなかった。広瀬監督は「スムーズに伝わる形にしてもらわないといけない」とコメントしている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (16)

  1. 結果、骨折していた。
    監督は本部のモニターを見ており、棄権を本部に連絡を指示した。
    でも、本部にこの連絡が伝わらず棄権とはならなかった。
    問題はこの伝達経路を指すべきです。

    飯田選手の後方には本部・救護の車が居たそうなので、問題と判断した?
    羽生選手の激突後の本戦の問題も含めて、実際のところは難しい判断だと思います。

    飯田選手は本当に踏ん張った
    骨折なので激痛が一歩ごとに走っていたことでしょう。
    それでも250mを這い切ったのはただ襷をつなぐためだけ。
    美談にする必要はないのでしょうが、そこは感じるところがあります。

     
  2. 「怪我すること(場合によっては選手生命)」と
    「その日、その時、襷を繋ぎたい気持ち」、この2つを、

       「本人だけが」

    天秤にかけていいんだと思う。

    もし第三者が強引に棄権させた場合に、
    その本人が「残りの人生=数十年レベルの悔いを残す場合もある」から、
    本人が決めなきゃならない。

    もう大人なんだから、
    「あの時、監督が強引に棄権させてくれなかったから怪我した!監督のせいニダ!」
    とか言うわけがない。

    本人には、怪我よりも重い、自分の気持ち・仲間への気持ちを選択する権利がある。

    もちろん「怪我のほうが重い」という選択する権利もある。それも大事なことだ。

    でも、その年の、その瞬間、「自分が大事にしたいことを、大事にした」
    という選択について、何の責任もとれない赤の他人がケチつけてはいけない。

    怪我で選手生命を失うリスクも、
    レースを投げだして老婆になるまで「もしもあの時…」と後悔するリスクも、

    どっちの結果だとしても、その結果の責任をとるのは自分だけ。
    だから自分だけが決めていいことだ。

    本人でないのに、
    「完走したい気持より、怪我しないことの方が重要に決まってる!」と
    決めつけたがる風潮は何か変な気がする。

     
  3. ほんとこれ
    他の選手からしても邪魔だろうに…
    例えるなら車のレースで途中でエンストしても、俺はゴールまで行きたいんだ!と自分勝手な考えで車を押しながらゴールを目指すようなもの

     
  4. 野球部の練習の帰りに女子マネを3.5km走って帰らせて○○させた事件思い出した

     
  5. 走る者にしかわからない事がある。
    確かに監督の責任はあるが、そこで立ちきったらその選手は一生負い目を感じる。
    駅伝の襷、リレーのバトン、それぞれにみんなの気持ちと伝統を積んで走ってる。
    骨の一本くらい、と思える程それだけ重いものを背負い、前で待ってる仲間に渡すんです。
    美談にすべきでは無いが、外野がごちゃごちゃ言うことでも無い。

     
  6. このお話は取り上げるだけで、どっちの意見にしても大炎上するからなぁ

    個人的には、見てられなかった、という感想。
    誰か悪役になってでも若いこの選手の身体的な未来を守れる人が、現場にいて欲しかったかな

    ただ200メートルで仲間の姿見えてて、とか、意識はしっかりしてて、とか、本人の強い希望で、とか
    色々要素あるし、駅伝のタスキ、実業団という世界、もし俺自身なら、、、

    やっぱり答えは選手自身なんだろうかな

    どうにも、この中継みて
    感動した、とか、この選手は凄い・偉い、とか
    そういう純粋にプラスの感情というか感想てのはやっぱ少しちがう気がする

    痛み耐えてよく頑張った、てのは確かで
    それには俺も涙の1つも出たんだけど
    本人の意思さえあれば、血みどろになってても、骨折してても、選手生命を犠牲にしてでも、チームのタスキってのを届けなきゃならんの?
    チームスポーツを命がけでやったことがない奴の感想、と言うけど
    文字通りの命がけってのは、本当に賞賛されるべきことなの?

    こんな形で、話題持ってかれて
    同等以上の努力と根性と練習量とチームワークでもぎ取った、ワコールの人達への賛辞より
    コッチが大騒ぎされてる事は、とても残念

     
  7. 剣道で左肩脱臼して片手で残り時間しのいで勝ち逃げ決めた先輩を思い出した。本人は片手の状態でも2本勝ちする気だったし、ボクサーがファイティングポーズとってるのに止められて泣く状況ともダブった。
    這ってでも襷をつなぐという闘う意志を尊重するのかどうかだけど、闘志には素直に感動、敬服した。

     
  8. せめて審判は本人に意志確認くらいすべきだとは思った。
    しかし飯田選手は棄権はしなかっただろうが。
    命を懸けて闘う者に、もうやめろ、とはなかなか言えない。

     
  9. 何よりも不愉快なのは関係の無い者が、挑戦する者やそのサポートをする者に対して批判をしていること。

     
  10. 本人が這ってでも行ったんだから 回りがとやかくいうことじゃないだろと。
    第三者が介入していいのは、本人の意思を確認する それを伝えるだけまでだわ。
    どんな形でアレ たすきをつないだんだから賞賛するべきだわ。
    仮に棄権させてたら、一生その子は自分を責め続けるわ(つないだんだからまだ救われる)

    下手に運営が棄権の介入したら、棄権させられたことに対して、
    その企業の株価下落に対する損害まで補償させられるんだろどうせ。

     
  11. こんなのスポーツの枠を超えてる。一選手の個人的な責任感とか悔いを残したくないという気持ちよりも、競技と選手を守ることのほうが大事。このせいで、今後の選手が「骨折してでもタスキをつないだ選手がいるのに肉離れぐらいでは棄権できない…」みたいな風潮にならないよう、新しいルールを追加するいい機会じゃないの。

     
  12. 美談? 違うね。

    これは命をかけてまでも「やりとげる」と選手が望んだから痛みなんて生ぬるい激痛を耐える事が出来たんだよ。

    その意味を理解出来ない奴は批判するし、薄っぺらい感情しかないのだろう。

    これを強制的にやらされているのなら言語道断だが、彼女は自分の意思で貫き通した。
    じゃなければあんな事を出来るはずがない。

    彼女の意思の強さに古の日本人の魂を見た気がしたよ。

     
  13. 精神衰弱者はだまれ。こんな程度で棄権を促せだなんて戦うことを放棄した雑魚。人間の限界を超えるレースは腐るほどある。そこに怪我や後遺症なんて論議にもならない。一生無無菌室でストレスのない環境で生きろ。植物も過酷な方が生き生きと育つ。

     
  14. 運営側は止める事を考え、制度化するべきだとは思う。でも…

    このレースと今までの長距離界の歴史を見ていればわかる。
    このレースの勝者、ワコールのアンカー福士の最初の大阪国際はどうだったのか?

    根性だけに頼る日本スポーツはダメなのはわかるが、根性がなければ、絶対に長距離は戦えない。もともと過酷なスポーツなのです。

    倒れても倒れても笑顔で立ち上がる、あの福士の不屈の根性はワコールに勝利をもたらした。
    紛れもない真実だと思います。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!