netgeek

2

【炎上】「松井大阪府知事が不良品」、悪意あるタイトルで騒動勃発

腹BLACK 2018年10月18日
 

東京新聞の記者が共同通信の不適切な記事に便乗して松井一郎大阪府知事を揶揄したところ、松井府知事本人が抗議する騒動が起きた。

悪意ある見出し。

問題になったのは共同通信の「松井大阪府知事が不良品だと交換求める」という記事。油圧機器メーカーのデータ改竄問題で松井府知事が「不良品なので交換を求める」とコメントしたという内容だ。

だが、記事タイトルは松井府知事が不良品で交換の対象になっていると誤解させるものになっている。これは明らかに悪意ある記者によるおふざけだろう。百歩譲って悪意はなかったとしても、記者としての能力、共同通信の編集体制に疑問が残ることになる。

だが、問題になったのは共同通信ではなく、この記事に便乗した東京新聞の佐藤圭記者だ。

完全に一線を越えて侮辱。

佐藤圭記者はこの記事に反応し、笑いながら松井府知事をディスる。おそらく個人的に物凄く嫌いなのだろうが、これでは記者として中立性が保たれておらず、Twitterの使い方がおかしいという気がしてしまう。

プロフィールを見るとずっと中日新聞の所属。「投稿内容は個人の意見です」と一言入れているが、それで何でも許されるというわけではない。会社の看板を背負って情報を発信しているのだからそれ相応の責任が伴う。

※東京新聞は中日新聞東京本社が発行する新聞。

そして案の定投稿は問題に。松井府知事が真っ向から抗議した。選挙で選ばれたわけであり、記者に対する反論は極めて正論。1,200以上もリツイートされた。

続いて足立康史議員も登場。「バカ記者」と強烈な攻撃を喰らわせる。

共同通信のミスリードな記事タイトルに便乗して個人攻撃を仕掛ける佐藤圭記者は下品で低俗だという印象を受けた。ジャーナリストならもっと内容で勝負してほしいものだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 佐藤圭?
    ああ、誰かと思えば最近萌えキャラ=女性蔑視 とツイートしたキチガイじゃないか。
    こんな低能の言うこと、取り上げれば調子に乗る。
    粛々と社会的に抹殺するべし。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!