netgeek

3

ノーベル賞の本庶佑教授「科学誌ネイチャー、サイエンスの9割は嘘。教科書も疑うところから始まる」

腹BLACK 2018年10月4日
 

ノーベル医学生理学賞を受賞することが決まった京都大学の本庶佑(ほんじょたすく)教授(76)について、科学に対する取り組みの姿勢が注目されている。

ノーベル賞を受賞する研究者はこんな考え方をしている。

本庶佑教授は会見にて科学誌を名指しして書かれていることが間違いだらけだと指摘した。これは非常に重みのある言葉だ。

「ネイチャー、サイエンスの9割は嘘で10年経ったら残るのは1割」

また教科書についても鵜呑みにせず、自分で好奇心をもって確認することが大事だと語る。

論文も信じない。まずは疑ってかかるところから全てが始まるのだ。

またNHKのインタビューにおいても同じことを繰り返し語り、このような姿勢で進歩が生まれると話した。

本庶佑「世の中のことって嘘が多いですから。別にフェイクニュースのこと言ってるわけじゃないんですけども…。教科書が全て正しかったら科学の進歩というものはないわけでね。教科書に書いてあることも実は間違っていることが多くて、それを正して前に進んでいく。教科書に書いてあること、人が言っていることを全て信じない。信じたら進歩がないということですから。なぜかと疑っていくことが重要だと思っています」

基礎研究は無駄の中から大きなものが出てくる。

本庶佑教授の言葉は非常にためになる。そもそも研究テーマを決めるにあたって「ノーベル賞を受賞するぐらいのテーマを設定しろ」と言われると頭の中が真っ白になるが、「教科書に書かれていることを疑え」と言われたらいくらでもアイデアが浮かんでくる。

その他、小ネタ5つ。

(1)本庶佑教授は菅直人の高校の先輩だった。

(2)実はノーベル賞を受賞するまでには30年ほどかかる。本庶佑教授が賞金を若手に寄付するのはこのような実態があるからだろう。

出典:https://twitter.com/isashinichi/status/1047356087098171392

(3)Twitterに孫が登場。名前が「ほんじょ」になっている。

出典:https://twitter.com/math_jin/status/1046867648363950080

(4)熱烈な阪神ファンの本庶佑教授、金本監督がガンだと分析。さすがガン細胞に詳しいだけのことはある。

(5)京都大学の学生がノーベル賞受賞を祝う立て看板を設置するも、大学側がすぐに撤去した。京都市から景観条例の行政指導を受けてから京都大学は立て看板を禁止にしているのだ。

出典:https://twitter.com/kusyokuin/status/1046927605868318720

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 頭の悪い奴がこれを曲解して『今間違いだと思われてる事の方が正しい』とかいい出しかねないのが不安。
    現にすでに糖質制限だのなんだののエセ科学の連中は連日それを連呼してるし。

     
  2. 世の中
    トンデモ科学や
    怪しい補助食品のTV通販やら
    怪しい似非科学が蔓延ってますからね
    本庶氏の言ってる事は納得ですよ

     
  3. マスコミは「事実かそうでないか」では動かないという事でしょうね
    お金が儲かるか儲からないかで動くものなので、必然的に嘘が蔓延する事になる

    科学者の中にも御用学者が多いのは、研究費が出るか出ないかで意見を変える人がいるからですしね
    そういう人をマスコミが利用し、都合の良い答えを言ってくれる御用学者を番組に呼び、結果的に嘘の情報が蔓延する事になる

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!