netgeek

8

「ブルーリボンバッジをはずせ」 大阪地方裁判所堺支部が異例の指示

腹BLACK 2018年8月29日
 

大阪地方裁判所堺支部の中垣内健治裁判長がブルーリボンバッジを外すよう指示を出した。被告を応援する傍聴人がブログで告発した。

参考:「傍聴人はブルーリボンバッジをはずせ。」『大阪地方裁判所堺支部』が示した、前代未聞の驚くべき訴訟指揮。南木隆治

訴えられたのはフジ住宅株式会社および今井光郎会長。

訴訟を起こしたのは在日韓国人である40代のパート従業員で「会社がヘイト・嫌がらせ的な文書を配り、感想文を書かせている。精神的苦痛を味わった」と慰謝料3,300万円を求めた。

フジ住宅のOBである南木隆治さんは会長のことを尊敬しており恩師と考えている。裁判の傍聴に参加しつつ、ブログで進展状況を綴っていた。南木隆治さんはまず重要な情報としてフジ住宅が配布した文書というのは市販されている書籍であり、差別的な意図はないと説明する。

具体的には 「日本人だけが知らない 世界から絶賛される日本人」 「斎藤一人の道は開ける」「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」など普通の書籍。会社は教育の一環として感想文を書かせていたのだろう。

裁判の内容はさておき、7月30日に裁判所から会社側弁護士に驚くべき通達が出された。

「ブルーリボンバッジを身につけないでほしい。もし裁判所敷地内で着けていたら、入廷を許可しない。また傍聴券の抽選も認めない」

ブルーリボンバッジは北朝鮮に拉致された被害者を奪還する意思表示を表すものであり、裁判で身につけても問題ないと思われる。

慌てて裁判所に誤解がないか確認するが、中垣内健治裁判長の指示で間違いないとのこと。

この指示の背景には原告側の「メッセージ性のあるバッジをつけて裁判所を包囲するな」という主張があったようだ。

だが、南木隆治さんはこれについても反論があるとブログに綴る。まずはじめにバッジをつけ始めたのは原告側だというのだ。

▼原告側がつけていた缶バッジ。「ストップ!ヘイトハラスメント!」と書かれている。

▼その後、被告側が対抗してつけたバッジ。メッセージ性は薄く、バッジで結束する原告たちに対抗してつくっただけという印象。

裁判官は傍聴人がこうしたバッジをつけるのを一切禁止。問題がないはずのブルーリボンバッジまで禁止されるに至った。南木隆治さんはこれを国民の裁判を傍聴する権利を侵害しており、違法だと考えた。

南木隆治さんは大阪府立高校教師として教壇に立つとき、さらに過去20年間に渡って裁判を傍聴するときにずっとブルーリボンバッジをつけていたが、注意されたことはないと語る。

多くの政治家も身に着けているブルーリボンバッジ。

規制がかかるというのは異例の事態だ。そして、裁判当日。告発者はバッジをポケットに入れ、その他の傍聴人も全員ブルーリボンバッジを外して参加した。

だが傍聴人がどのような意思表示をするかは自由なのではないだろうか。ブルーリボンバッジが規制されるという異例の指示が出されたことについて、ネット上ではざわめきが広がっている。

公平に裁判を行いたいという裁判官の心情も理解できるが、それにしても良くない前例をつくってしまったようにも思える。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. ブルーリボンバッジの件も問題だが、この裁判自体もとんでもないものだ。とてつもない反日の横暴。

     
  2. 裁判所で日本人がやるのはダメなんだよ、
    歴史的には総理大臣が謝罪するくらい、虐げた側なんだから。
    それにしても、普通の書籍である、
    と紹介されてる本に普通のが無い。国粋、神様、国粋。
    ギャグだな。

     
  3. これ調べてみたら「会社という閉じられた世界で『日本はいい国だ』などと言うのは差別」って主張してるんだぜ。

    控えめに言って基地外だろ?

     
  4. 裁判長というのは司法判断をする専門家であって、法律に基づいた判断しか出来ない人物
    他者の思想に口を出せる権限のある人間ではないし、自分の役目を見失っている

    裁判長が判断する事というのは、あくまでも事件や訴えの内容を法律に照らし合わせて判断するだけの存在
    問題は、この裁判長がこの役職を「人間的身分制度の地位」と勘違いしているという事

    多くの役職を持つ人間が勘違いしている事だが、役職というのはあくまでも仕事上の役目が任されているというもの
    それを、現代日本ではあたかも人間の身分制度と勘違いをしているような風潮がある

    例えば会社の上司というのも、あくまでも仕事に於いてまとめ役が必要だから任されているだけのはずなのに、あたかも身分制度の上位者であると勘違いをしているため、部下には何を命令しても良いと勘違いをする

    就業時間外の休日にも命令をしたりして、それを断ればそれが何故か会社内の評価基準に繋がってしまう
    これらは全て、役職を身分制度と勘違いしているから起こる事

    ネットでは社員を「社畜」なんて言葉で表現しているのを見かける事があるが、本当に現状では奴隷のような扱いになっていて、自殺問題やパワハラ問題の根源はここにあると個人的には思う

     
  5. 公共の場で、人様の国の人々に対してこれだけの暴言妄言を吐けるお前を生んだ親に、人様を不愉快にしたゴミを製造した刑事責任を問いたいね。

    お前の暴言の積み重ねの結果が楽しみだ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!