netgeek

3

東京医科大学、3浪と4浪以上の男子も減点していた

腹BLACK 2018年8月6日
 

裏口入学のみならず女子受験者の点数を一律に引き下げていた東京医科大学が、他にも3浪以上の受験生を減点していたことが分かった。

学務課長のみが引き継いできた点数操作マニュアルがあった。

出典:https://twitter.com/ashikabiyobikou/status/1026246381109829633

東京医科大学では1次試験をマークシート方式(400点)、2次試験を小論文(100点)と面接で行っており、このうち小論文の点数を臼井正彦前理事長(77)の指示で調整していた。

仕組みはこうだ。まず全員の点数に0.8をかけて一斉に減点する。その後、現役生と2浪までの生徒には20点を加算、3浪には10点のみを加算、4浪以上と女子には加点なしにする。

以下の図では小論文の点数が60点だった場合を想定して操作後の得点がどうなるかが説明されている。

平等な試験と見せかけてまさかこんなカラクリがあったとは…。最終的に現役生が8点も加点されるのに対し、4浪以上と女子はマイナス12点とかなり不利になる。

同じ補正後64点でも元の点数は女性なら80点、男性なら55点。あなたはどちらの医者に診てもらいたいだろうか?

医療関係者の証言により、女子の合格者を減らすことについては、やむを得ない現場の事情があるということが分かったが、多浪生についてはなぜ減点するのだろうか?この点も東京医科大学にはきちんと説明してもらいたいものだ。

東京医科大学は女性支援を名目に国から3年間で8,000万円を受け取っていたことが分かった。

出典:https://twitter.com/SNn4hOTBHDolFOG/status/1025557805204295680

文部科学省は「女性の活躍支援」「女性研究者研究活動支援事業」などと称して補助金を交付していた。差別的な入試を行っていた大学にお金が回っていたというのはなんとも奇妙な話ではないか。

やはり裏口入学は氷山の一角だった。今後も驚くべき事実が次々と発覚する予感がする。

あわせて読みたい→【悲報】東京医科大学前の「女性差別を許さないデモ」、受験生と関係ないフェミニストおばさんばかり

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 6万も受験料取ってたり、補助金受け取っててやったのはアウトだけど、こういうのって求人採用ではよくあることだよね。
    表向きは誰でも応募できる、というか、そうしないといけないけど、裏では男だけとかおんなだけとか、若い子だけとかで門前払いしてるもんね。

     
  2. ダメなんだけど、わからなくはない。
    手術で自分の腹切って貰うとき、優秀な男性外科医
    がいい。
    偏見だけど、そう思う人は多いと思う。
    4浪した外科医に切って貰いたい?
    自分、親、子の命を安心して4浪に預けられる?
    将来に向けた前捌きとして、恣意的な行為だったと
    は思う。
    何でもオープンにされてしまう時代だけど、多少の
    裏事情は触れずにおいた方が万人のためになる場合
    があると思う。
    どうしてもダメ、許せないというなら、減点を公言
    し、それでも受験したいならどうぞ。のスタンスに
    してしまえば良い。

     
  3. 自分もそう思います
    やはり技術者として先天的なセンスの無い方は医療に関わって欲しくないですから

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!