netgeek

3

林修「学校教師は文化祭や体育祭で感動の成功体験を押し付けるな」

腹BLACK 2018年7月13日
 

「今でしょ!」という決めゼリフで有名になった林修先生が学校教師のあり方について素晴らしい毒を吐いた。

教師志望の学生に対して警鐘を鳴らす。

教師になると勉強を教えるだけでなく、文化祭や体育祭などの学校行事も指導していくことになる。そのとき教師が、自分自身が学生だったときのことを思い返して生徒にも同じ体験をしてほしいと考えるのは間違い。林修先生はそう語る。

出典:https://twitter.com/Story_terrorV2/status/1017003350624124928

これはもっともな意見だろう。そもそも学校行事というものはただの思い出づくりのためにあるもので、生徒の中には冷めた考えの者もおり、純粋に楽しめないことがある。

そんなときに明るい熱血教師が楽しいものだという前提で積極的な参加を促すと学校自体が酷くつまらないものになってしまうのだ。本来、楽しさを提供するのが目的の学校行事でわだかまりが生じてしまうというのは本末転倒ではないか。

林修先生が指摘するように学校教師を勘違いさせてしまうのは自身の過去の成功体験だろう。深く考えもせずに自分が楽しめたからどんな生徒でも参加さえすれば楽しめると思い込んでしまう。

生徒からすれば主体性を失った状態で感動の押しつけをされてもますます白けてしまうだけだ。

いっそのこと学校行事は自由参加にして「やりたい人だけがやればいい」というルールにすべきという考えは極端だろうか?人によって早く家に返って趣味の時間に使いたかったり、志望校への合格に向けて勉強したかったりと思いは様々。

林修先生の指摘はTwitterで絶賛され、約7万リツイートもされた。

おまけ。

(1)嫌われるオンナについて。インスタ女子は良い写真を撮るために旅行に行っている。

旅行のみならず飲食店などでもそう。本当にこのような女子がいるから驚きだ。リアルの生活が充実していない女子ほどネット上で虚像の自分を作り出し、周囲に見せびらかすことで虚栄心を満たす。

インスタ女子にとってはInstagramでのフォロワーやいいねの数が生きていくうえで最も重要な指標なのだ。

(2)同じく目的と手段が逆転している現象について。馬鹿は綺麗なノートをつくることが目的にすり替わっていることがある。

人に嫌われるのを恐れずに正論を堂々と述べる林修先生は信用できる。筆者はそう感じた。

あわせて読みたい→今でしょ林修先生「浪人する価値はない。それが実力。そもそも浪人制度って卑怯ですよね」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 押し付けるのは問題だが、受けとる側の問題に切り込めてない時点で考察そのものが無意味になってる
    今は『俺の時はこうだった』と聞いただけで被害者面するクズで溢れてるんだから、そこまで切り込むべきだった

     
  2. 林先生の顔が誰かに似てるなぁと以前から思っていたのだが、その誰かが分からなくてモヤモヤしてたんだが…上祐史浩氏に似てるね。この前、久々に上祐氏を見て、やっと解決した。記事と関係なくてすみません

     
  3. 生徒側:
    体育祭 → 暑くてだるいからやりたくない
    文化祭 → 企画や準備が面倒だからやりたくない

    教師側: 行事なんだからやれ!

    結果: 全てが教師主導だし生徒はグダグダで来校者が呆れる
    底辺校の大部分がこういう感じだから行事やめて普通に授業してた方が良い

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!