netgeek

12

【炎上】福山哲郎が急にキレて恫喝。理不尽で酷いパワハラだと騒ぎに

腹BLACK 2018年5月29日
 

立憲民主党の福山哲郎が参議院予算委員会で急に大声を出す場面があった。全く怒るところではないのに、急にキレる様子に唖然としてしまう。

理不尽にも程がある。こんな人とは絶対に一緒に仕事をしたくない。

福山哲郎「愛媛県側じゃないですよ。加計学園がそのことを報告しているんですから今治にも…秘書官!いらない紙入れるな!!!(大声)」

(突然の大声にみんなが驚く。「いるだろ」という声も聞こえる)

福山哲郎「総理と話しているのに!(怒)はい…はい…(指を指す)どうぞ総理。総理と話しているんですから。今、秘書官が問題になっているんですから。どうぞお答えください」

安倍総理「事実関係について私が間違ったことを言わないように、秘書官がメモを入れることはありますから」

福山哲郎「答えが…(野次で文句を言っている)」

安倍総理「秘書官に対してそんなに激しい言葉で言われたら萎縮しますから」

秘書官は何も怒られるようなことをしておらず、安倍総理が冷静に抗議したのがせめてもの救い。第三者の視点で見る国民の目には福山哲郎議員はパワハラを仕掛けているようにしか思えなかった。大の大人が自分の思い通りにいかないからといってヒステリーを起こすのはみっともない。

福山哲郎議員をはじめ、立憲民主党はただでさえ言行がおかしい。

▼愛媛県知事が公開した文書が「伝聞の伝聞」と分かったとき。結局、書かれていることは事実無根だった。

▼自分でやっておいて逆ギレ。

▼辻元清美議員も同じことを口にするが、それは国民のセリフだ。

▼無実の人に冤罪をふっかけて喜んでいたのも立憲民主党。

▼ネット上ではこんな風刺画もつくられた。

ここまで間違ったことを繰り返しているのにまだ反省しないのが立憲民主党。今回の福山哲郎議員の恫喝はその典型だった。

最後に小泉進次郎議員の正論を紹介しておく。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (12)

  1. 日本国に愛も忠誠心も持たないこんな人間の帰化を認めるのがそもそもの間違い。その上、こんなのが国会議員になれる今の法律は早々に改正すべき。

     
  2. なんで日本国に愛がないこんなのの帰化を認めてしまうのだろう。なんでこんな男を当選させてしまうのだろう。見るだけで不愉快ならまだしも、亡国に導きかねないとんでもない奴。

     
  3. こんな場をわきまえることが出来ないのが国会議員やってるんじゃないよ。辞めないのなら身体ごと消えてくれて結構。悲しんでくれる人はいない。

     
  4. 連中が掲げているボードの安倍首相の顔に一際集中して
    シールを貼付けているのに嫌らしさや不気味さが垣間見える。
    後ろの横断幕にある「いい加減にしろ」は
    そのまま前に並ぶ連中に投げかけられるべきものだろう

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!