netgeek

12

【炎上】池上彰「日本は欠陥のある民主主義国」→洗脳解説だと反論が相次ぐ

腹BLACK 2018年5月27日
 

池上彰がテレビ番組で日本は完全な民主主義ではないと解説した。「解説が誘導的で洗脳にも近かった」と反論が相次いでいる。

まずは池上彰の解説を見てほしい。

池上彰は世界と比べると日本の民主主義はかなり遅れていると結論を述べる。

その理由として女性の政治家が少ないこと、投票率が低いこと、死刑制度があることを挙げた。

放送後、ネット上ではこの解説はかなりおかしいと批判の声があがった。3つの点について反論をまとめてみた。

(1)投票率が低い

これは政情が安定している証拠。日本人は政治家を選ばないで投票権を放棄しても、安心安全に暮らせる平和な国なのだ。治安が悪く、民主主義が未発達な国ほど投票率は高くなる。

(2)女性の政治家が少ないから韓国より下

性別と民主主義は無関係。日本では女性でも政治家になれる権利は確保されているが、政治家になりたがる女性が少なく、結果的に低い割合になっただけ。民主主義よりも文化の違いが影響していると考えられる。池上彰はクオータ制へ誘導したいだけでは?

(3)日本には死刑制度がある

死刑制度と民主主義は無関係。それよりも国民の倫理観・価値観の問題だ。また、死刑制度がある国の中でイスラム教の国と中国の悪い事例のみを紹介するのは誘導的であり、死刑廃止を訴えたいだけに思える。

総合すれば、日本では投票率も女性議員の割合も死刑制度も民意に任せた結果そのようになったのであって、むしろ民主主義が正しく機能している証拠と言える。

イギリスのシンクタンクの調査結果を正しいという前提で紹介するのはいかがなものか。

ネット上では「そもそも『完璧な民主主義』というものがよく分からず、それが正しいのかどうかも怪しい」という意見が多数。言い方を変えれば「日本は民主主義国家の中で最もバランスがとれている」と言うこともできるはずだ。それゆえ池上彰が「日本は欠陥のある民主主義国」という表現を使ったところには同意することができない。

曲がりなりにも影響力の強いテレビなのだから、反対意見も紹介するなど、もっとフェアに解説してほしいものだ。完全な民主主義でないからといって何か問題があるようには思えない。

あわせて読みたい→【炎上】池上彰が日本の貧困を深刻に見せるためにインチキグラフを使っている

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (12)

  1. そりゃフランスみたいに勝ち得た民主主義じゃないからね
    フェイクですよ

     
  2. 池上さんかぁ。。。私は嫌いです。
    しかし、団塊世代の家族は池上さんをすぐ信じてしまうので困ってしまう。。

     
  3. 日本の民主主義は与えられた民主主義
    根本的にようやく官僚絶対の共産主義からの脱却をしつつあり、かつ立憲君主制をやっと受け容れられるようになった程度。
    フランス革命前の第三身分であり虐げられ続けることを喜んで受け入れてます
    偉い人間をリコールで解職させるという段階にすらまだ至っていません

     
  4. そもそも、何をもって完璧な民主主義というのか?仮にその定義が存在するとしても、それは国民の大多数を幸せにできるものなのか?恐らく答えは永遠にないものと思われる、にもかかわらず、テレビで”欠陥”と広言するこの男。マスゴミの仲ではまともかと思っていたら、とんだ反日左翼野郎だったようだな。

     
  5. 「世界の大多数がこうだけど日本は違うから遅れてる」って殊更に強調する人間(TV番組)は得てして危険だと思う

     
  6. そんなにいうなら世界を見習って電波オークション導入して放送法4条撤廃したらどうかね?

     
  7. 死刑はともかくとして女性政治家と投票率に関しての反論が無理矢理すぎ
    投票って安心安全とか治安のためだけじゃないだろうし投票してる奴らもそのためにしてるわけじゃない
    女性が政治家になりにくい文化だとしてその文化もどうなんだって話、文化はそう言うものを擁護するための便利な言葉じゃない

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!