netgeek

4

辻元清美「今までは対話のための圧力だった。そろそろ復帰します(意味不明)」

腹BLACK 2018年5月7日
 

麻生大臣の辞任を求めて始まった野党の国会審議拒否について、ゴールデンウィークが終わるこのタイミングで野党議員が態度を変え始めている。

辻元清美「実は今までの国会放棄は対話のための圧力だったんです!(ドヤア)」

辻元清美議員はマスコミの前で、自分たちが国会に復帰して再び与党を追及する必要があるとコメント。麻生大臣の辞任を引き出せなかったのにこのようなことを言うのは矛盾していないだろうか?国民の税金で報酬をもらっておいて、結局やったのは長いゴールデンウィークを楽しんだだけだった。

辻元清美議員「局面が変わったというふうに私は考えています。5月は疑惑解明月間にしたいと」

変わったのは局面ではなく風向き。国会ボイコットはあろうことか仕掛けた野党のほうがバッシングされる結果になっていた。サボリに対する国民からの批判は日に日に強まっていく。このままではいけないと、なんとか口実をつけてテレビカメラの前で復帰を宣言したというのが実際のところだろう。

辻元清美議員が発した言葉のうち「今までは対話のための圧力だった。色々あったが粘ってよかった」という表現は有識者の失笑を買った。

須田慎一郎「馬鹿だね」

居島一平「対話の為の圧力?」

武田邦彦「はっはっは(笑)」

なぜか勝ち誇った顔をしているのが憎たらしい。膿の国会復帰など誰も望んでいないのに何を勘違いしているのか。

辻元清美議員は言行不一致がひどく、信用できない政治家の典型。野党が得た収穫はゼロ。ゴールデンウィークを勝手に長くして遊んでいただけだった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 使いたかったのね、「対話のための圧力」って言葉
    成果を得る前に圧力緩めたら圧力の意味はないって身を持って知ることができそうね

     
  2. 麻生さんの辞任も柳瀬さんの証人喚問もなく、圧力前と何も変わってないけど?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!