netgeek

7

【悲報】辻本清美が国会復帰をチラつかせる

腹BLACK 2018年5月4日
 

加計学園問題に絡んで柳瀬唯夫審議官の証人喚問が候補に挙がっている。立憲民主党の辻本清美議員は自分が追及する必要があるとカメラの前で語った。

え?麻生大臣の辞任までボイコットじゃなかったの?

辻元清美「早期に柳瀬氏には国会に来て頂いて真実を喋って頂く必要は強まったと思っています。ですからそれをどういう形態でやるかは他の野党の皆さんとも相談をしたいと思っています。早く追及した方がいいという気持ちもある」

要するにこれから他の野党議員と話し合って国会復帰を検討するということだろう。野党議員らは意気揚々と仕事をボイコットしたものの、むしろ国会はスムーズに進むようになり、与党議員は何も困っていない。

それどころか国民から「税金泥棒」と批判されるようになったのは野党議員たちのほうだった。単純な戦略ミスと言わざるを得ない。安倍総理は麻生大臣を辞任させるつもりはないと明言し、野党の思惑は空振り。引っ込みがつかなくなって国会に復帰しづらくなった。

ここ最近の辻本清美は安倍総理を「膿の親」と呼ぶのが気に入っているようだ。

すべての始まりは安倍総理が「膿を出し切る」という表現をつかったこと。

辻本清美は安倍総理こそが膿だと指摘する。「膿の親」と表現。

安倍総理の辞任を要求。

自分が膿みたいな顔をして何を言っているのか。

演説でもドヤ顔で同じ表現を使っている。

辻本清美「安倍総理が膿を出し切ると、そして全面的に一つ一つの問題を究明すると安倍総理が言ってますよね?膿は誰やねんと。こういうのを膿の親と言うんです」

ずいぶんとお気に入りのようだ。ただ、確かにうまい表現ではあるが、安倍総理と繋がらない表現である点が残念なところ。

なんだか自己紹介のようにも思えてきた。「辻元清美は膿の親」としっかり覚えていきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. とゆーか、今までさんざん好き勝手国会サボって税金を泥棒してきた分際で、何をしれっと戻れる気でいるのか。
    なんのお咎めもなしでのうのうと生きていけると思ってんのかこのクズ。

    野党、マスコミが連携しての「やったもん勝ち」の現状が許せない。

     
  2. 野党いない間に何日間か国会をサボったやつは議員クビにするような法律を決めて欲しかった…

     
  3. 辻元よ、血税をむさぼり、ゴールデンウィークをしっかり満喫した後で仕事やってる感を出して来るなよ。
    ホント面の皮が厚いね。
    国会サボった膿そのもののくせしてデカイ顔するなよ。
    あっ、顔がデカイのは生まれつきか。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!