netgeek

1

辻元清美が手のひら返し「佐川さんがんばれ!」←うわぁ

腹BLACK 2018年3月23日
 

これまで森友学園問題を追及する過程で佐川宣寿・前国税庁長官を攻撃してきた辻元清美がここにきて急に意見を変え始めた。

まさかの応援。

辻元清美 「佐川さんにですね、官邸の方を向くのではなく、国民の方を向いた真実を述べて頂きたいと思うんです。佐川さん、がんばれ!」

佐川前長官は文書書き換えの責任をとって辞職したが、安倍総理の首を狙う辻元清美にとってはまだ利用価値があるということなのだろう。不正を犯した相手にエールを送るという矛盾から辻元清美の卑怯な魂胆が透けて見える。

国民としてはこんな国会議員は絶対に信用ならない。国民の方を向くべきなのは辻元清美自身だ。

他方で大阪地検特捜部の調べでは安倍総理・昭恵夫人・麻生大臣の指示は確認されていない。

聴取によると財務省の職員は国会対策として担当者レベルで書き換えを行ったと話している模様。この様子なら佐川前長官を国会に呼びつけても今以上の収穫はないだろう。

辻元清美の理想は佐川前長官が「安倍総理の指示があった」と証言すること。冒頭の「がんばれ」には自分が得したいという非常に利己的な裏の意図が垣間見える。

手のひら返しといえば前川喜平のときもそうだった。天下りを斡旋していたと分かったときは悪者扱いだったのに、いつの間にかメディアは勇気ある告発者という紹介の仕方をしている。

さらに野党はここにきて籠池前理事長にも接触を図る。

あれほどその場しのぎの嘘をついていた人間の言葉など信用できるものか。証言がころころ変わるので話を聞く価値は一切ない。

書き換え前の文書が公開された時点で森友学園問題は終結した。野党はもはや騒ぐ材料がなくなったから佐川前長官や籠池前理事長を再び引っ張り出してこようとしているだけに思えてならない。

辻元清美にとって気がかりなのは野田中央公園の値引きが再燃していること。

野田中央公園の疑惑については足立康史議員が中心となって真相解明を進めている。関西生コン支部にガサ入れが入ったのも無関係ではないかもしれない。

ハングルが掲げられた関西生コン支部から支援を受けていた辻元清美。そして自身も北朝鮮の幹部と繋がりあり。日本国民のために仕事をしていないことは明白だ。

意見を180度変えた「佐川さんがんばれ」はあまりにも白々しい。

おまけ。

こちらも酷い手のひら返し。佐川長官を散々おちょくっておいて、急に心配したふり。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 関西生コンユニオンの家宅捜査が2回も有ったのが
    相当に堪えたようですね

    佐川氏の身辺警護をしっかりしてもらわないと
    ちょっと危険かもしれませんね

    色々な所で脅迫事件になっているようですし…

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!