netgeek

6

スズメを保護したモト冬樹、週刊誌が「鳥獣保護法違反」とバッシングするも擁護する声

腹BLACK 2018年3月15日
 

タレントのモト冬樹が違法な飼育を行っていると一部週刊誌がバッシングしている。しかし事情を聞いてみると、むしろ素晴らしいことをしているように思えてならない。

カラスに襲われていたスズメを助けた。

モト冬樹は昨年6月24日にブログにて「スズメを保護した」と写真を公開した。役所に相談しに行ったところ「飼ってはいけない」と指導されたものの、このまま野生に帰すとまたカラスに襲われてしまう。悩んだ結果、スズメと暮らす今の状態を続けることにした。

チュンちゃんという名前もつけ、もはや家族の一員に。ただ、鳥獣保護管理法では保護も含めて野鳥を飼育することが禁じられており、不安な気持ちが残る。

禁止されている理由は生態系を崩す恐れがあるからというもの。しかしカラスに襲われていた、おそらく親もいないスズメを保護するぐらい特例として認めてもいいではないか。

モト冬樹はルール違反という認識をもちつつも日々、チュンちゃんとの微笑ましい写真をアップする。

2月には違法性を通知する書類が届いてモト冬樹も対応に困ってしまった。もしも法律に従ってスズメを放せばおそらく自分でエサを取ることもできず、すぐにカラスに襲われてしまうだろう。

もうここまで人間に懐いてしまったスズメは本当に野生に戻ることができるのか?

ネタに飢えた週刊誌は「違法飼育」と大バッシングするものの、幸せそうな写真を見るとどうしても間違っているようには思えない。

ネット上では意味不明なルールを課す鳥獣保護法のほうが間違っているという声が相次いでいる。モト冬樹は役所と週刊誌から責められ、対応に困り果てている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. この雀単体を見た場合OKに思うが、生態系もしかは日本という国の枠組みで考えたらどう考えてもNG。
    これ養護してる奴ら唐揚げ食べたらぶっとばすぞw

     
  2. 執拗にバッシングする必要はない。法律に則り役所が事務的に作業する案件。公衆衛生の問題があるから仕方ない。アンケートは倫理面、公衆衛生面などの多角的に評価できるとものでないと不公平。それより、モト冬樹バッシングをする人達の言動は、ポリコレリンチをする人と似ている。もっともらしい理由をつけて、とにかく暴力のはけ口にしたい、そんな人格。生理的に無理。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!