netgeek

0

認知症の豆柴しのと猫くぅの話

腹BLACK 2018年2月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

豆柴しの(メス18歳)と猫くぅ(オス7歳)の間には不思議な関係がある。しのが認知症になっているのを知ってか知らずか、くぅが丁寧に世話をしてくれるのだ。

まずは認知症の症状が出たときの映像を見てほしい。

豆柴しのが意味もなくぐるぐると歩き始めるとくぅが前に立って徘徊をやめさせる。

くぅはまるで全てを理解しているかのようにしのの面倒をみてくれるのだ。そしてしのはくぅのことを信頼しているようで素直に言うことを聞く。

こんなにお利口な猫は見たことがない。誰に教わるでもなく、本能で全てを理解しているということだろうか。しのとくぅの様子をもうしばらく紹介したい。

▼寝ているしのをじっと見つめ…。

▼ちゅっ。

▼そして立ち去っていく。

出典:https://twitter.com/hinatabocco_3/status/961052911865229313

▼犬とこんなに仲良しで年上の世話をしてくれるとは猫らしからぬ対応だ。

▼すりすり。

▼「んも~おとなしく寝てなさい」

▼ちゅっ。

▼心なしか後ろ姿が似てきた気がする…。

しのとくぅの関係性は唯一無二。言葉が通じないながらもうまくコミュニケーションをとっている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!