netgeek

2

長崎県平戸市長「朝日新聞の購読やめた」 絶賛されフォロワーが一気に1千人増える

腹BLACK 2017年12月3日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

長崎県平戸市長の黒田成彦氏が「市長室で朝日新聞の購読をやめた」とツイートしたところ、大反響を得て大いに拡散されることになった。

「誤報を垂れ流すメディアは排除すべき」

黒田成彦氏は以前より朝日新聞の偏向報道を批判するツイートを積極的にリツイートしており、あるまじき報道姿勢だと厳しく非難していた。そしてついに平戸市長室での購読を停止する。

この決断は素晴らしい英断だと絶賛され、Twitterでは現時点で6,900リツイートを突破して大拡散中だ。

▼黒田成彦氏(57)。

そして11月30日、フォロワーが1千人増えたと報告。

朝日新聞をやめたとツイートするだけでこんなにファンが増えるとは驚き。黒田成彦氏も朝日新聞の嫌われっぷりに驚いているようだ。

だがその後、黒田成彦氏に噛み付いたのが小西博之議員(民進党)。

市政の私物化だと指摘し、わざわざ引用リツイートで私見を述べる。

なぜこんなに朝日新聞の肩をもつのか理解できない。当然のことながら小西博之議員のツイートには反発のリプライが相次ぐことになる。同じTwitterと言えども公報としてうまく活用した黒田成彦氏と、マイナス効果を生み出した小西博之議員。ちょっとしたセンスでここまで差がつくとは…。

そもそも小西博之議員も他人を批判できる立場ではない。

「小西ひろゆき後援会」の収支報告書を見ると、なんと自分が出版した本を大量に購入しているのだ。その合計2,601,820円という莫大な金額。政治活動費の使い道としては不適切だという印象を受ける。

Amazonで検索すると、小西洋之議員の著作がちょうど3冊ヒットした。いずれも最低評価が多く寄せられているのが特徴。

「朝日新聞の購読やめた」という言葉は早くも流行し始めている。黒田成彦氏が絶賛される様子を見て、他の政治家も「朝日新聞の購読やめた」と後に続くブームが起きるかもしれない。

あわせて読みたい→足立康史が攻撃再開「朝日新聞は捏造・誤報・偏向報道のオンパレード」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. あまりにも遅いだろ朝日の購読やめたなんて
    遅くとも捏造記事がバレた時点でやめなくちゃだし、それでも遅いわ

  2. 別に遅くは無いだろう

    それに 未だに 朝日新聞のポストを掛けている家もある

    とある場所で朝日新聞のポストを掛けている
    集団住宅では
    レート付きの麻雀やパチンコが近くにあって
    雰囲気は最悪だった
    それに なんというか
    人っていう感じでもなく
    誰を見ても
    生きているという感じがなかった
    例えるなら 操り人形 みたいだった

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!