netgeek

4

「ら抜き言葉」で抜けているのは「ら」ではない。語彙史研究者による解説

腹BLACK 2017年11月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

二松学舎大学の島田泰子教授が行った日本語の変化に関する解説が目から鱗だ。

日本語学(主に中世以降の語彙史研究)を研究する立場から現代を鋭く分析する。

▼「日本語史」というのは難しそうだが、意外と理解が容易で興味深い内容なので紹介していきたい。

▼まず大前提として日本語の変化は、時代間では許容されるのに世代間では許容されないのが特徴。

▼例えば「ら抜き言葉」は現代では許容されていないが、実は昔から起きている現象だ。「行けない」というのは本来は「行かれない」が正しい。

▼昔から抜かされる傾向にあるのは「ら」ではなく「ar」。つまり「ら抜き言葉」ではなく「ar抜き言葉」が正確な表現。

出典:https://twitter.com/ogikubokei/status/926397145237798912

ここまで歴史を紐解いて、日本語の間違いと指摘される「ら抜き言葉」は実は昔から起きている現象だということが分かった。島田泰子教授は「過去に起きた変化だけでなく今目の前で起こっている言葉の変化も立派な歴史の一幕」と見解を示す。

世間からバッシングを受ける「ら抜き言葉」もまた変遷の過程にあるだけ。

世代間では批判されようとも、時代が変われば受け入れられるようになると思われる。そう言えば本来ネガティブな意味である「ヤバイ」という言葉もすでにポジティブな意味が認められ、辞書に掲載されるようになった。

言葉は時代とともに進化していくものだ。そういう意味では次々と新語を生み出す女子高生は偉大な発明家なのかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 大昔からあったのは知ってたけど、なるほど「ar」抜けね
    世代間の許容って乏しいよね
    正しい日本語とかテレビでクイズとかやるから拍車かけとるよね
    正仮名正字基地外が発狂するね(笑)

     
  2. 見られる、と見れる、の区別が曖昧になったら、受動態の意味も判然としなくなるんじゃない?

     
  3. 日本語史がどうか知らないけど、単に変遷で片付けていいの? 英語でも受動態は一般的にややこしいものだけど厳然とした形で存在するものだから、そこを変遷、進化で片付けてしまったら言語の運用上問題があると思うんだけど。

     
  4. そもそもこれ、許諾を得ないでTwitterの内容を記事にしてるのでは?

    内容自体には興味があるけど、無断での二次利用なら正しく会の内容通りに記事化出来てるのか、疑問が残るなぁ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!