netgeek

8

【炎上】福島瑞穂「安倍総理がイヴァンカに57億円プレゼント!許せない」→デマでした

netgeek 2017年11月4日
 

イヴァンカ・トランプ大統領補佐官の初来日にあわせて安倍総理が57億円の拠出を公言したことで誤解が広まっている。

女性の社会進出についてスピーチしたイヴァンカ。

日本にいるフェミニストとは違い、専業主婦もまた立派に働く女性なのだと認めている点に感心させられる。さらに男性社会に対するアンチテーゼではなく、あくまで経済に好影響を与える目的で女性の社会進出を促そうとしているところも好感が持てる。

安倍総理はこの方針に同意してか、イヴァンカ基金に57億円をプレゼントすることを決めた…と噂が広まった。しかし、これはかなり誤解がある。イヴァンカは基金設立に少し関わっただけで、実質的な運営には関与していないし、そもそも57億の出処も外貨準備高からなのだ。

それにもかかわらず複数のメディアが57億円という規模の大きさに釣られて取り上げ、徐々に見出しが過激になる中で「安倍総理がイヴァンカに57億円をプレゼントした!日本国民の税金が勝手に使われた」と事実ではない情報が広まった。

勘違いしたまま最も誤情報を拡散したのは福島瑞穂。

日本国民から徴収した税金がそっくりそのままイヴァンカ・トランプに横流しされ、安倍総理が誤った判断をしたという前提で見解が書かれている。ここで今一度より正確な情報を端的にまとめておきたい。

・57億円は世界銀行で設置されている基金「女性起業家資金イニシアティブ(We-Fi)」にいく

・イヴァンカは基金の立ち上げに携わっただけ

・世界銀行いわく「イヴァンカはお金の管理と調達には関与しない」

・そもそも日本政府は7月のG20サミットの段階で5,000万ドル拠出を表明していた

・基金には13カ国の支援が決まっている

・安倍総理はイヴァンカの前で改めて触れただけ

東京大学大学院で特任研究員を務める石川公彌子氏の指摘も参照しておきたい。

石川公彌子氏はいち早く真実に言及し支持を得ていた。福島瑞穂の意見を真っ向から覆す重要な指摘だ。

しかしながら勘違いしたまま安倍総理バッシングに繋げる人は今も多い。

▼しばき隊の野間易通。完全に間違った表現。

▼朝日新聞は事実誤認に気づいたようで「イバンカ氏の女性基金」から「イバンカ氏主導の女性基金」とこっそりと表現を訂正していた。もっとも「主導」という表現もおかしいが…。

▼2ちゃんねる管理人の西村博之氏まで。周囲からは即座に「誤解している」とリプライが相次ぐ。

▼誤解と認めず反論を続ける。

▼ポエムを引用して急にポエマーに。しかし、周囲からは「これはマザー・テレサの言葉ではない」と指摘が飛ぶ。

▼間違いを指摘された西村博之氏の反応。

マザー・テレサの言葉ではないということを検証した記事については以下を参照してほしい。

参考:マザーテレサの「名言」と伝言ゲーム

西村博之氏はあくまで起業家であって政治・経済の専門家ではないのだから余計な口出しをしなければいいのにと思ってしまう。これでは経済政策について上念司氏に言い負かされたときと同じではないか。

「嘘は嘘であると見抜ける人ではないと使うのは難しい」。過去の自分の発言がブーメランになって返ってきた。

しかし門外漢である西村博之氏はともかく、政治家である福島瑞穂が事実関係をよく理解していないのはおかしい。安倍憎しで思考が暴走しているのだろうか。何でもかんでも条件反射で安倍叩きに繋げてしまい、その思考回路はもはや常人には理解できない域に達している。

安倍おろしそばとは一体…。言っていることが意味不明。冒頭の福島瑞穂の投稿には現在も抗議の声が殺到している。

【追加情報】

https://twitter.com/SatoMasahisa/status/927644239281786880

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (8)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!