netgeek

2

カタカナ語を使いすぎる小池百合子、ルー大柴を超えてルー小池

腹BLACK 2017年10月12日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

もはや自然にルー大柴を超えている。小池百合子は65歳にして小難しいカタカナ語を使いこなし、日本国民を翻弄している。

これまでの小池百合子のカタカナ語をざっとまとめてみた。

▼小池百合子のカタカナ好きはメディアでも指摘されるほど。

▼そう言えば都民ファーストの会もカタカナ。メルクマール、ソーシャルファームなど難しい言葉も連発する。

▼振り返れば2005年のクールビズもカタカナだった。

▼ワイズペンディング。

▼「アウフヘーベンが必要だ」と言った小池百合子。メディアはもちろん言葉の意味から解説した。

▼ファクト。なんだかコンサルっぽい。

▼ベンチャーとアドベンチャーをかけているのか?ただのダジャレ好きなおばさんではないか。

かつてここまで分かりにくいメッセージを伝える政治家がいただろうか。その姿はもはやルー小池。大と小でいかにもコンビっぽいので是非ともルー大柴と組んでコントをやってほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. もしかしたらあえて難しい言葉や英語を使って権威性を作っているのかもしれませんね。日本人の英語コンプレックスを上手く突いているのかも。

  2. 小池氏には期待していたが、まともな政策秘書がいないのでしょう。いや優秀な参謀がいないの事が分かった。

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!