netgeek

5

保育園騒音問題でドイツは日本より先進国

腹BLACK 2017年10月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本で度々起こる保育園や幼稚園の騒音問題について、ドイツではルールが厳格に定められ、子供と保護者の権利がしっかりと守られていることが分かった。

ドイツのほうが圧倒的に先進国。

出典:https://twitter.com/flashoman/status/916692008206426112

市民をはじめ保育園の近くに住む人も子供の声を騒音と捉えていない点に注目。地域住民が子育てに協力的というのは、日本で保育園建設に反対する人たちに見せたい光景だ。

ドイツはいかにして子育てにおいてここまで先進国になったのか。歴史を紐解くと過去にはドイツでも日本と同様の争いが起き、ルールが厳格化されたことが分かった。

ドイツでは2011年に連邦法が改正され「子供の声や施設から出る音は環境騒音に当たらない」と子供の権利を優先するルールができた。利害関係が衝突する問題についてきっちりと文書化したおかげで市民は無駄に言い争うことがなくなり、また市民の意識も改革されたのだ。

惜しむらくは日本ではモンスタークレーマーが幅を利かせていることだ。

▼保育所建設の説明会で地域住民が文句を言いまくる。

▼数少ない賛成派が保育園の必要性を訴えると汚い野次が飛んだ。「趣旨が違う」の意味が分からない。

待機児童問題を解決するには単純に保育園を増やそうとするだけでなく、まずは「子供の声は環境騒音に該当しない」と明文化する必要がある。反対者のクレームに真っ向から議論を仕掛けようとも水掛け論に終わるだけ。ドイツの成功例から学べることは多い。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 子供だけなら我慢できる
    質が悪いのは送迎の母親だ
    子供を路上で遊ばせたまま、ママ友と長時間話していて邪魔になる
    それに向かって他の車がクラクションを鳴らすのでさらに煩くなる

     
  2. 密集した住宅街が増えて
    老人人口が片寄って増えて
    隣人との距離的なスペースも許容範囲を越えてますよね
    結局、都市計画の不備なのでしょうか?
    確かに
    ドイツの様な法的な根拠が欲しいですが
    我が国は、どうも
    その場の雰囲気や感情で結論を導きたい
    小さな権力者が幅を効かせてる様な気もします

     
  3. 子供を盾に我を通そうとする現代親。
    未来のために必要な子供を受け入れない爺婆。
    責任をこういった住人に任せ解決を模索しない行政や国。
    長い間筆頭政党を誇る自民党は解決しようと努力したのか?
    まぁ、今はどの党が筆頭になっても無理でしょう。
    国会議員が多過ぎる。

     
  4. 居住地域による人口密度も考えないと安易にドイツが素晴らしくて日本が駄目と
    言ったところで解決策には繋がらない。まあ、日本叩きとか政治的な意図で叩き
    たい人間に言っても無駄なことだけど

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!