netgeek

0

民進党幹部「安倍総理を叩いたのは民進党なのになんで票が来ないの?」

腹BLACK 2017年7月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

小池百合子都知事率いる都民ファーストの会が自民党から大きく票を奪った一方で、民進党はいまひとつ存在感を示すことができなかった。

民進党幹部は選挙結果を見ながら愚痴を漏らした。

議席ゼロも危ぶまれる中で一向に票が集まらないことを不満に感じていたようだ。民進党は熱心に安倍総理バッシングを続けていたが、肝心の票は都民ファーストの会に流れた。これより前の世論調査で自民党を支持する理由として「他に良い政党がないから」という意見があがっていたのを振り返れば納得の結果であろう。新しく出来た団体には真っ白な期待が集まる。

ネガティブキャンペーンを仕掛けた民進党は選挙において悪役となり、新たな提案をする都民ファーストの会を支援してしまった。応援演説の時間を分析すれば各党が何をしてくれるのかがよく分かる。

ジャーナリストの池上彰氏は「池上彰の都議選ライブ」で「蓮舫代表に出演依頼をひたすら断り続けられた」と裏の事情を明かした。視聴者はこの暴露について、歯に衣着せぬ物言いで堂々と責める池上彰氏から逃げる意図があったに違いないと分析している。

未だに解決しておらず、日本国民の最大の関心事になっている二重国籍問題について池上彰氏は鋭くツッコミを入れるだろう。蓮舫代表は戸籍謄本の公開を含め、誤魔化しの回答をすることしかできない。

「権力の暴走を止めようとした」と語る民進党、暴走しているのは蓮舫代表ではないだろうか。政策を語らずに安倍総理の悪口を言いふらすと「ただの嫌な奴」という印象がつきまとい、いつまで経っても「政治を任せたい」と思えるようにはならない。

なぜ票が流れてこなかったのかしっかり分析してほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!